オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > いつまでもうまくいく秘訣!彼氏との「ちょうどいい距離感」の作り方

いつまでもうまくいく秘訣!彼氏との「ちょうどいい距離感」の作り方

いつまでも長続きするような交際をするためには、程よい「距離感」を保つことが何よりも大切です。

好きだからといって常にベッタリ状態でいたら、飽きてしまう可能性はやはり高くなってしまうでしょう。

そこで今回は、彼氏との「ちょうどいい距離感」の作り方を紹介します。

 

■連絡が「毎日じゃなくてもいい」

当然ながら、恋人とは頻繁に連絡を取り合うものでしょう。でも、それが義務のようになってしまうと、次第にどんどん重荷になっていくもの。そして、それは束縛に感じられたりもするので、交際自体が嫌になる可能性だってあります。

「別に毎日必ず連絡をしなくても大丈夫」という考えでお互いにいられたら、変な窮屈さを感じることなく付き合っていけるはず。それはずっと一緒にいるためにはとても大事なことなので、ストレスを与えるような連絡の取り方にならないように注意はした方がいいでしょう。

 

■「見栄」を張らなくていい

付き合う前や付き合い立ての頃は、少しでも自分を良く見せようと、お互いに頑張って見栄を張ったりもするかも。でも、そんなことはいつまでも続けられないですし、本当の自分を見せられないような交際はつらくなっていく一方でしょう。

例えば、いつも高級レストランでデートをするのではなく、ファミレスや居酒屋などでも一緒に楽しめる。カッコばかりをつけずにそういった自然体で過ごせるふたりになれると、心を許して安心して付き合える関係性にもなれるはずですよ。

 

■「会えない時間」も持つ

いくら恋人同士だからといって、いつでも常に一緒にいたりしたら、すぐに飽きやマンネリが訪れるはず。刺激もどんどん薄れていく一方でしょうから、お互いに異性としての魅力も感じられなくなっていくことでしょう。

趣味を楽しんだり、友達と遊んだりなど、恋人と過ごす以外の時間を持つこともとても大切。「会えない時間」もあった方が、相手のことを考えたり、「会いたい」という感情が生まれたりもするので、より恋人の存在の大きさを実感したりもできるものですよ。

 

■「言いたいこと」が言い合える

恋人との距離感において最も重要なポイントは、ちゃんと言いたいことを言い合える関係性であるかどうか。本心を押し殺して我慢をするような状態では、ストレスが溜まっていくだけで、楽しい恋愛には絶対にならないでしょう。

お互いに不満に感じている部分は、ちゃんと吐き出して改善していくことで、より良いカップルにもなっていけるもの。嫌われたくないからといって、正直な気持ちを隠してばかりいたら、結局はいずれそれが爆発して、取り返しのつかないことになるだけですよ。

 

上手にいい距離感を保っていくことができれば、まさに最高のパートナーになれるはずです。一緒にいない時間も多少はあったりした方が、信頼関係は築いていけるものですよ。

【画像】

※ g-stockstudio/shutterstock

【関連記事】

山田 周平
ライター
放送作家職を経て、女性向けWEBサイトの企画・運営に携わる。現在はWEBコンテンツの企画やコラム執筆を行っている。著書に『男は耳で恋をする』『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』がある
Recommend
検索窓を閉じる