オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 「ユニクロ」ヒートテックニットレギンスをマスターしたい♡着こなし方自…

「ユニクロ」ヒートテックニットレギンスをマスターしたい♡着こなし方自由自在!

秋冬の肌寒い時期は、おしゃれだけど防寒対策バッチリのコーデで、お出かけしたいですよね♡

そんな時の救世主が“レギンス”。昨年から足元のあったかコーデが注目される中、私たちNOSH読者のヘビロテブランド『ユニクロ』にも数多く登場しています。

今回はいくつかラインナップがある中、『ヒートテックニットレギンス(メランジ・14分丈)』のブラウンを使って着回しをご紹介したいと思います。

 

■シャツワンピからチラ見えのレギンスコーデ

まずはレギンスコーデを気軽に取り入れやすい“ワンピースのコーデ”をご紹介します。

ワンピースと一括りにいってもフェミニン系やドレッシーなワンピースにはあまり合いません。

スウェットやニットワンピ、シャツワンピースなどカジュアルな素材のワンピをチョイスしてください。

ロング丈の裾から見えるレギンスがアクセントになって◎ アイテムごとのバラつきが出ないように、小物やインナーはブラックに統一するなど、色の全体感も気にしましょう。

 

■スカートの裾からタイツがわりに♡

続いては“スカートのコーデ”にレギンスを取り入れました。

スウェットのトップスに、ニットのスカートを合わせた今年っぽいカジュアルコーデが完成。

スカートの裾と靴の間が素足ではなく、レギンスになることで寒さ対策にもなり、コーデにアクセントも生まれます。

まるでタイツのようだけど、タイツよりも生地をクシュっとさせられ、見せ方は自由自在! 洋服と靴のバランスを見て、レギンスの丈感も調節してみましょう。

 

■レギンスの主張をあえて出す上級者コーデ

最後は“レギンスをメイン”にした上級者コーデ♪ レギンスに、透け感のあるレースの巻きスカートを合わせています。

あえて透けるアイテムを使うことで、レギンスの主張を全面に! スキニーデニムとはまた違って、レギンスはウエスト周りがもたつかないので、重ね着には持ってこいなんです♡

隙間から脚が見える巻きスカートや、透け感のあるチュールなどのスカートに合わせるのもおすすめです。

ブーツに合わせる際は、上からレギンスを被せると、よりおしゃれな着こなしになりますよ。

 

いかがでしたか? ナイロンのタイツよりも脚周りを温めてくれる、ニットレギンス。だけど意外とコーデに合わせるのって難しいんですよね。

そんな時はまず、ロング丈のカジュアルなワンピースの下に合わせてみましょう! いろんなレギンスの着こなし方にトライして、秋冬は“あったかコーデ”を満喫してくださいね。(小祝麻里亜)

【関連記事】

小祝麻里亜
ライター・モデル・女優
高校3年生の時に受けたコンテストを機に、芸能界デビュー。映画やCMを中心に活動し、2013年よりアパレルブランドでプレスとして勤める。現在は経験を基にライター、モデル、女優とマルチに活動を行っている。
Recommend
検索窓を閉じる