オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 口コミ高評価「GU」ダウンベストをオシャレに着回し

口コミ高評価「GU」ダウンベストをオシャレに着回し

そろそろダウンアイテムが活躍する季節。

でも、まだ本格的な寒さが来る手前の今の時期は、ダウンジャケットよりダウンベストのほうが使い勝手も良いものですよね。

そこで今、『GU』のなかでもっとも使い勝手がよく口コミ率が高い『2WAY中綿ベスト』(税別:2,990円)を使ったコーディネイトをご紹介します。

 

■一番人気のカラーは、「69 NAVY」

週末のアウトドアやニットの上からさっと羽織れる『GU』のダウンベストは、ブラック・ベージュ・オリーブ・ネイビーの全部で4色展開となっています。

そのなかでも、69番のネイビーはチャックの金具がゴールドと高級感があって、ユーザーからもっとも人気の高いカラーとなっています。

厚手のニットやパーカーと重ね着をする場合は、普段のサイズよりもワンサイズ上のものを選ぶと良いかもしれません。

ほど良い軽さの着心地で、首回りからしっかりカバーしてくれるのでかなり暖かいです。フードは取り外しが可能なので、お好みでフードを外してコーディネイトしてみてくださいね。

 

■定番はボーダートップスとの組み合わせ

ダウンベストとの相性が良いトップスといえば、ボーダーのカットソーです。基本的にボーダーカットソーと組み合わせれば失敗は少ないので、コーデに迷ったらこちらのアイテムを取り入れてみてくださいね。

ボトムは定番のデニムを合わせる場合は、足元はヒールパンプスでキレイめ感を出すとキレイめカジュアルになるので大人の女性にはオススメです。

デニム以外であれば、ロング丈のタイトスカートや、足首まで隠れるロングのフレアスカートもダウンベストとよく似合います。

 

■タイトワンピースとの組み合わせ

ダウンベストは上半身にボリュームが出るので、できればインナーで取り入れるアイテムはボディラインにフィットしたタイトなカットソーや薄手のニットのほうが組み合わせに失敗しにくいです。

冒頭にお伝えしたような厚手のニットやパーカーとの組み合わせもオシャレで素敵なのですが、窮屈感を出さないようにワンサイズ上の大きめのものを選ぶなどし着こなしに工夫が必要です。

今回筆者はSサイズを使用しているため、ワンピースもタイトなデザインを選びました。

スリット入りのロングワンピースとレギンスを組み合わせていますが、薄手素材のニットアップを取り入れても良いですね。

ベストは横から見るとこのようなシルエットです。フードまわりにボリュームが出ているので、ヘアアレンジはスッキリまとめると良いかもしれません。

ロングヘアの方はお団子ヘアでまとめることをお勧めします。アクセは耳元に大振りなピアスもしくはブレスレットを取り入れて。

 

■ワイドパンツはキレイめデザインを

最後はワイドパンツと組み合わせたコーディネイト。ワイドパンツは下半身にボリュームがでるアイテムなので、同じくボリューム感がポイントのダウンベストと合わせると野暮ったくなってしまいがちです。

そのため、ワイドパンツは滑らかなジョーゼット素材のものと合わせると比較的スッキリして見えます。余計なゴワつきを拾わない素材であれば、腰回りはスッキリさせつつ足をカバーできます。

またワイドパンツにセンタープレスがついているとボトムに立体感が生まれるので、よりシルエットが美しくなるのでぜひ、ダウンベストに合うワイドパンツをお持ちの方は積極的に組み合わせてみると良いでしょう。

 

気温差が激しい最近は朝晩が寒く、日中は暑いことが多いですよね。こういう日に役立つのがまさにダウンベストです。

薄手のニットの上から一枚羽織るだけで温かさを感じるので、ぜひ本格的な寒さが続く日までダウンベストで乗り切りましょう!

【関連記事】

角 侑子
ファッションスタイリスト・ライター
スタイリストアシスタント経験の後、独立。2014年からファッションライターとしての活動も開始。主にアラサー女性向けの“周りとの差のつく”高見えコーデのスタイリングを得意とする。
Recommend
検索窓を閉じる