オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 嫌いにならないで…「彼氏に浮気される女」が言いがちなNGフレーズ

嫌いにならないで…「彼氏に浮気される女」が言いがちなNGフレーズ

浮気される女性には、“言いがちなNGフレーズ”があるそうです。

フレーズが出るから浮気をする訳ではないですが、NGフレーズがあると男性を浮気に走らせやすくしてしまうのかもしれません。

そこで今回は、彼氏に浮気される女性が言いがちなNGフレーズをご紹介。

あなたの発言が無意識に彼を浮気に走らせているかも!

 

■「でも」「だって」

「でも」「だって」は、浮気される女性が言いがちなNGフレーズ。

このフレーズ自体が浮気に走らせる訳ではありませんが、「でも」「だって」が多いと面倒くさいと感じ、結果的に他の女性に走ってしまうのかもしれません。

「でも」「だって」が多い女性は、彼の愛情を削いでいるかもしれないので気をつけて下さい。

 

■「いいよ」「大丈夫」

「いいよ」「大丈夫」も、浮気される女性が言いがちなNGフレーズです。

「傷つきたくない」「本心を言えない」「真実を知りたくない」などの保身が強いために、全てに対して肯定しかしない女性は、それを彼にも感じ取られ、浮気に走るかどうかの局面に立ったとき、踏みとどまらせることができないのではないでしょうか。

彼を心から想って「いいよ」「大丈夫」と言っているなら大丈夫ですが、保身のせいで肯定しかできない女性は、彼を無意識に浮気に走らせてしまうかもしれないので、注意が必要ですよ。

 

■「あなたしかいない」「嫌いにならないで」

一途な気持ちは伝わりますが、「重い」と感じられることや、「浮気をしても俺から離れない都合のいい女にできる」と思われることもあるため、「あなたしかいない」「嫌いにならないで」などの保身からくるフレーズは、NGフレーズですよ。

男性も本気で好きな女性から言われたら嬉しいでしょうが、本気で好きな女性は十分に愛情を注いで貰っているため、本命からはなかなかこのフレーズは出ないもの。

心のどこかで、彼が本気で自分を好いていないことがわかっているからこそ、このフレーズが出てしまうのでしょうが、余計に彼を浮気に走らせてしまう恐れがあるので、心では思っていても口には出さないように。

 

NGフレーズがあろうがなかろうが、浮気をする男性は浮気をしてしまいますが、浮気心に拍車をかけてしまう恐れもあるので、NGフレーズが出ないよう気を付けて下さいね!

【画像】

※ VGstockstudio/shutterstock

【関連記事】

瀬戸 樹
ライター
人生の迷子中にひょんなことからライターに転身。最近では男性向けの恋愛記事も執筆している。豊富な恋愛経験から導き出される記事は、上っ面のコラムとは一線を画していると定評あり。
Recommend
検索窓を閉じる