オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 山田孝之、理屈をこねて佐藤健に怒られる

山田孝之、理屈をこねて佐藤健に怒られる

俳優の山田孝之さんが15日、都内で行われた映画『ハード・コア』(11月23日全国公開)の公開直前舞台挨拶に、佐藤健さん、荒川良々さん、山下敦弘監督と参加しました。

伝説的コミック『ハード・コア 平成地獄ブラザーズ』(作:狩撫麻礼、画:いましろたかし)の実写映画化。都会の片隅で細々と生きる権藤右近(山田さん)と右近の弟・権藤左近(佐藤さん)たちの前に、謎の古びたロボットが現れたことから、人生が一変するような一大事が巻き起こります。

映画の内容にかけて「平成の一大事件」を聞かれた山田さん。通常こういったネタトークは主演俳優が率先して答えるものですが……。

「6歳から35歳までの自分の一大事件かハプニング?確かに事件もハプニングもあったけれど、でも報道陣を前に言えるやつにすると、一大事件の話じゃなくなるし、本当の一大事件を言ったら平成とともに俺も終わる。事務所に確認しますか?」と理屈コネコネ。ついには佐藤さんに「めんどくせえな!ここに来る前に考えておけ!」と怒られていました。

荒川さんが初一人暮らし時代にネズミを捕まえた事件エピソードを語る横で、山田さんは沈思黙考。必死に公で話せる一大事件を探すも見つからないようで「重たい空気になってもいいんですか?両親が離婚した時の話とか聞きたくないでしょう?」と訴え、最後は「僕は元気!ずっと元気!」と声高らかに宣言していました。

【関連記事】

石井隼人
エンタメライター
イベント取材やインタビュー取材に汗水たらすと同時に、映画系オフィシャルライター&カメラマンとしても暗躍する単なる映画マニア。得意分野はホラーとエログロ。LiLiCoさんから「エロ石井」と命名される。
Recommend
検索窓を閉じる