オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 吉沢亮、今後やってみたい役どころは「超普通な人」

吉沢亮、今後やってみたい役どころは「超普通な人」

吉沢亮さんが、17日、パルテノン多摩にて開催された『第10回TAMA映画賞授賞式』に出席。今後やってみたい役柄を明かしました。

多摩市及び近郊の市民で構成される実行委員が「明日への元気を与えてくれる・夢をみせてくれる活力溢れる“いきのいい”作品・監督・俳優」を、映画ファンの立場から感謝をこめて表彰する今回の授賞式。

吉沢さんは、本年度最も飛躍した男優、もしくは顕著な活躍をした新人男優を表彰する『最優秀新進男優賞』を吉村界人さんと共に受賞しました。

選出理由は、『銀魂2 掟は破るためにこそある』、『ママレード・ボーイ』、『猫は抱くもの』など、「数多くの役どころを幅広く演じ、繊細で深みのある佇まいは、まだ見ぬ新たな表現を期待させる」とのこと。

今回、『リバーズ・エッジ』で受賞した吉沢さん。映画賞を受賞するのは初めてだそうで「映画を愛している方に選んでいただいて嬉しく思います」とコメント。

そんな中、「3年前からマネージャさんと“映画を中心にやっていきたい”という話をしていました」と告白。

今年は映画8本公開されたことで「共演者の方やスタッフの方、監督さんとの出会いが賞に導いてくださった」と感謝のコメントを残します。

MCより8作品出演したことに触れられると「どの役も役柄が違って幅広くやらせてもらって、すごい楽しい年だったと思います」と回顧。

一つひとつ愛情をこめた作品が世に出ることについては「寂しさもありつつ“頑張って良かった”と思います」と語りました。

今後やってみたい役柄を問われると、「いろいろありますよ」と少し悩んだ後「あえて言うなら“超普通な男”というか、何の特徴もない等身大のものを、意外とやったことないのでやってみたいですね」と理由を語りました。

最後に「今後も映画をメインに、たくさんのエンターテインメントを届けていけるように、僕も頑張っていきますので、作品をチェックしていただけたら嬉しいです」と述べました。

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる