オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 松岡茉優、「万引き家族」安藤サクラの演技に本音「悔しい」

松岡茉優、「万引き家族」安藤サクラの演技に本音「悔しい」

松岡茉優さんが、17日にパルテノン多摩で行われた『第10回TAMA映画賞授賞式』に登壇。安藤サクラさんの演技に「悔しい」と思ったことを明かしました。

同イベントは、毎年秋に東京都多摩市で開催される映画祭。映画ファンの多摩市民で構成される実行員より、作品、監督、俳優の方々に向けて感謝を込めて表彰するものです。松岡さんは安藤さんと共に『最優秀女優賞』を受賞しました。ちなみに、松岡さんは2年前に同映画祭で『最優秀新進女優賞』を受賞されています。

松岡さんの選出理由は「“勝手にふるえてろ”において、稀にみるこじらせ型のヒロインに血を通わせ、強いシンパシーと共に観客の心をふるわせるバイタリティ溢れる女優は松岡茉優以外に考えられない」と絶賛されています。

安藤さんは残念ながらスケジュールの都合が合わずにVTRの出演となりました。

授賞式のコメントを求められた松岡さんは「おこがましいですけど」と前置きした上で「もし1人での受賞だったら確実にこの場にはおりません」と言います。

その理由については「完全に2位だと思っています」と吐露。続けて「(共演した)“万引き家族”でのサクラさんのあるシーンを見たリリー・フランキーさんは、“あのシーンだけで8個賞を獲れる”と言っていましたが、8個ってどの賞のことだろう」と笑いを入れつつ、リリーさんの言うことに納得したことを告白。

さらに松岡さんは安藤さんのシーンを観て「悔しい」と思ったと言います。しかし『最優秀新進女優賞』を受賞して2年。「一番の成長はあのシーンを観て“悔しい”と思えたことです」と力強く語りました。

これまでだったら感動して終わりだったが、安藤さんに「追いつきたい、追い越したい」と思えるようになったのは、2年前に受賞したことで「女優として認めてもらったからです」と改めて実行員の皆さんに感謝を述べました。

また、『万引き家族』のシーンは『勝手にふるえてろ』など、これまで積み上げたものでは通用しなかったと言います。

「何十年とお芝居のレッスンをした日々は何だったんだろう」と悩んでいたことを回顧しました。

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる