オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 「俺、うまいよ?」アラサー女がドン引きした勘違い男の誘い方

「俺、うまいよ?」アラサー女がドン引きした勘違い男の誘い方

こっちはその気がないのに、向こうは好意があると思って、デートに誘ってくる。そんな男性の対応に、困ってしまった経験はありませんか。その気がないのなら、きっぱりと断ってしまったほうが、お互いのためですね。

ヘンに好意があるように接してしまって、相手を勘違いさせてしまうのも、お互いのためによくないもの。

今回は、そんな好意の薄い相手との関わりを含めて、ドン引きしてしまった勘違い男性の誘い方をピックアップしてみました。

 

■「一緒に住む?(笑)」

「恋活アプリで出会いを求めていると、いろんな男性からメッセージをもらうんですが。正直私は、あまり相手に興味が持てなくて。でも、適当にやり取りしちゃうので、“俺、家買ったんだけど、一緒に住む?(笑)”と、積極的にアタックしてくる男性もいて、ちょっとビックリ。」(28歳/女性/IT)

モテる女性に多いのでは。LINEのやり取りが続くほど、相手は出会いに期待をします。興味が持てないなら、ヘンに期待を持たせてしまわないように、過度にやり取りをしないほうがいいと思います。

男性によっては、あなたに惚れ込んで、過度にアタックしてくる男性もいるでしょう。相手を振り回さないためにも、男性との距離感に注意して、やり取りをしましょう。でないと、相手によっては暴走してしまい、トラブルの原因になる恐れがありそうです。

 

■「俺、うまいよ?」

「顔が好みでLINE交換した彼から、夜の話になって“俺、うまいよ?”って。興味がないのに、寂しいアピールをしたり、夜の話を振っちゃった自分が、一番よくないんですが。」(27歳/女性/サービス)

男性によっては、エッチできる隙がありそうなら、冗談でも誘ってくる人もいると思います。あなたの気持ちを勘違いして、自分のテクがうまいとか、体がいいとアピールして、なんとかエッチにこぎ着けようとする男性もいるかもしれません。

出会いを求めていれば、エッチ目的に近づいてきたり、隙があればヤリたいと思っている男性はいくらでもいます。真面目に付き合いたいと思っているなら、勘違いさせる行動は慎み、自分の意志をしっかりと持ちたいですね。

 

■「〇〇さんに介抱されたい」

「普段の仕事を答えたら、“〇〇さんに介抱されたい”っていわれて。悪い意味じゃないんだろうけど、仕事で悩んでいるときは、ちょっと引いてみてしまうことも。」(28歳/女性/医療福祉)

相手は悪意がないと思いますが、自分の状況によっては、素直に受け止めきれないときもあるのでは。

あなたも相手のことが気になっていれば、「そう言ってくれてありがとう」と、相手の気持ちが嬉しく感じられるのかも。相手への気持ちが伴っていないからこそ、引いてみてしまうのかもしれませんね。

 

男性の一方的な勘違いもあるかもしれませんが、自分が勘違いさせてしまっているような行動がないか、振り返るきっかけにもしてみてください。

【画像】

※ MinDof/shutterstock

柚木深 つばさ
フリーランスライター
多数の女性向けWeb媒体を中心に記事を連載。読者目線を心掛けながら、男女にまつわる素朴な疑問を解決できるような記事作りをモットーにしている。
Recommend
検索窓を閉じる