オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 佐藤健、山田孝之の“男前”発言に「アプローチが綾野剛と一緒」

佐藤健、山田孝之の“男前”発言に「アプローチが綾野剛と一緒」

佐藤健さんが、11月23日、新宿バルト9にて開催された映画『ハード・コア』初日舞台挨拶に登壇。山田孝之さんと仲睦まじいやりとりを披露する一幕がありました。

作・狩撫麻礼、画・いましろたかしさんの漫画『ハード・コア 平成地獄ブラザーズ』を実写化した本作。原作ファンの山田さんが、出演はもちろんプロデューサーの一人となり、盟友である山下敦弘監督とタッグを組んだ作品です。

イベントには佐藤さん、山田さん、山下監督のほか、荒川良々さん、ロボオ(謎のロボット)も出席しました。

佐藤さんは山田さんと兄弟役を演じましたが、あまり“似せよう”とする意識はなかったとのこと。しかし「初めて出来上がった映画を観た時に、我ながら“似ているなぁ”と思って、嬉しかったです」と振り返ります。

山田さんについて佐藤さんは「この人の表情から(考えていることを)読み取れたことがない」と吐露。

すると山田さんは「(佐藤さんを)横から見ていたんだけど“カッコイイなぁ”って思って」と突然の告白。「(髪を)下ろしている姿しか見ていなかったから、“本当男前だなぁ”っていつも思っちゃう」と本音を述べます。

そんな山田さんに、佐藤さんは「アプローチが綾野剛と一緒」とツッコむと、山田さんは「綾野剛が俺に寄ってきている」と返答していました。

撮影中のエピソードとして火に近づくシーンがあり「本番中なので耐えましたが、本当に熱くて、全身大やけどするんじゃないかと思いました」と回顧する佐藤さん。

そんな佐藤さんに山田さんは「“した”ってことにしとけば良かったのに」とポツリ。佐藤さんは山田さんの案に乗っかるように「(やけどを)したんです」とユニークに語っていました。

最後に山田さんは本作の撮影の過酷さをメイキングでおさえており「その映像がすごくセンスが良くて」と紹介。DVDに入るだろうということですが、「“劇場でもできるんじゃないか”という話になっているので、それもぜひ観てください」と挨拶。

映画の裏側を知ると「よりその作品に対する愛が深まると思います」と語りました。

映画『ハード・コア』は全国ロードショー中です!

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる