オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 岡田将生の「好きになりました」告白に、金子大地が大照れ

岡田将生の「好きになりました」告白に、金子大地が大照れ

11月23日(金)、映画『家族のはなし』初日舞台挨拶がイオンシネマ板橋にて行われ、主演の岡田将生さん、共演の成海璃子さん、金子大地さんが登壇しました。

『家族のはなし』は鉄拳さんが原作の同名パラパラ漫画を実写映画化。

リンゴ作り一筋の父親に複雑な想いを抱き、反抗しながらも、葛藤し成長していく拓也(岡田さん)の姿を描いた、家族の物語です。

都会に出てバンドをしながらもうまくいかず、両親に怒りをぶつける役を演じた岡田さんは「……すげえ怒っていました(笑)、お父さんに!」とコメント。

お父さん役の時任三郎さんは、息子役の岡田さんの印象を聞かれると「怖かったです」と一言。

意外な言葉だったのか、目を見開き時任さんを見つめる岡田さんに、時任さんは「迫真の演技だったので……!」と言うと、岡田さんはホッとしたのが笑みを広げ「演技か!よかったです!(自分自身のことかと思い)久々に絶句しました……顔が止まってしまいました(笑)」と時任さんと微笑み合います。

また、バンドメンバー役の金子さんは、岡田さんについて「岡田さん……本当にやさしくて。バンドメンバーでお芝居しやすい環境を作ってくださいました」と言葉少なながら、感謝をにじませます。

すると岡田さんは、「あまり僕自身、年下の方と共演がなかったので、すごくやさしい金子くんに僕も癒されました。ライブシーンになるとちゃんと歌って100%で表現する方だったので、好きになりました」と告げると、金子さんはもじもじうれし&恥ずかしそうな佇まい。

また公開日が「勤労感謝の日」ということもあり、サプライズで岡田さんから両親役の時任さん&財前直見さんにお花のプレゼントも。

心温まるやり取りに、上映後の場内の空気もすっかり穏やかに癒されていました。

『家族のはなし』は全国公開中です! NOSHでは岡田将生さんのインタビューを掲載中、近日、金子大地さんのインタビューも掲載いたしますので、お楽しみに♡

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる