オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 【GU】体型カバーワンピを着回し!着心地もよしのスグレモノ

【GU】体型カバーワンピを着回し!着心地もよしのスグレモノ

これから一層寒さが厳しくなる季節。手に入れたいのは、暖かさと使い勝手の良いニットアイテムですよね。

もちろん、『GU』にも使い勝手がよくてオシャレなニットアイテムがたくさん揃っています。そのなかでもご紹介したいアイテムが『 リブクルーネックニットワンピース 』。

着やすさ、スタイリッシュさ、着回し力などの面でオススメできるアイテムの着回し実例をご紹介いたします。

 

■ジャケット合わせでワントーン

今回、着用した『GU』の『リブクルーネックニットワンピース』は前回ご紹介した同ブランドのワッフルニットワンピースに比べ、程よい薄さが特徴的なニットワンピースです。

厚みがないぶん、着膨れを起こすことなく普通に着ているだけでスタイルアップも実現できるので、体型カバーしたい方は『リブクルーネックニットワンピース』はオススメですよ!

さて、そんな優秀ニットワンピの着回しコーデ1着目は、同色のジャケットと組み合わせたブラックコーデ。

ラフなニットワンピースをかっちりとキレイめに着こなしたいときは、テーラードジャケットやチェスターコートと組み合わせましょう。

足元は30デニールのシアータイツにメタリックのショートブーツを合わせました。オフィス向けにするならキレイめのパンプスのほうが良いかもしれませんね。

そのまま全身を黒でまとめるだけだと、少し暗い印象になるのでシルクスカーフをONすると重たさが軽減されてバランスが良くなります。

 

■小物をカラフルに

『09 BLACK』や『05 GLAY』のシックなカラーはシンプルな色合いだけに、ともすれば無難な印象を与えてしまいがちになります。

着用したときに「なんだかパッとしない」「物足りないが何を足せば良いかわからない」といった印象を感じた場合、小物で遊びを入れると良いでしょう。

例えば、今回私が取り入れたのは『09 BLACK』。相性の良いカラーの1つでもあるイエローをベースにベレー帽、パンプス、ミニバッグを同系色でまとめて取り入れてみました。

小物で色を取り入れる場合は、頭・腰回り・足元と一部分に色が集中しないよう、全体コーデにバランスよく差し色を置くとコーデの完成度が高まります。

 

■ブラウンアイテムでカジュアルコーデ

ブラックと相性の良いカラーのもう一つ、ブラウンでまとめたコーディネイトもご紹介します。

ニットワンピの印象を変えるために、ワンピースの下にベイクドオレンジのギャバジンワイドパンツを重ねました。靴とバッグはヌーディなサンドベージュ、スカーフでヘアアレンジをまとめてオリエンタルな雰囲気をプラスしたコーデにしています。

カジュアルに着たいけれど、キレイめも残したいという時の着こなしとして最適なのが、こうしたワイドパンツと組み合わせたコーディネイト。

キレイめアイテムを融合しながらもどこかラフな印象も持たせるようにヘアアレンジなどにも一手間加えてみると良いですよ。

 

ニットワンピはそもそもで着回しが難しいとされますが、ワンピースの丈が膝丈程度であればボトムにそれよりも長い丈のワイドパンツやスカートを重ねるとだいぶ印象が変わります。

また、明るいポップな色合いをプラスするか、馴染みやすいシックで大人っぽい色をプラスするかでも大きく変化させることができるのでぜひ、色合わせも踏まえて着こなしのバリエーションを増やしてみてくださいね。

【関連記事】

角 侑子
ファッションスタイリスト・ライター
スタイリストアシスタント経験の後、独立。2014年からファッションライターとしての活動も開始。主にアラサー女性向けの“周りとの差のつく”高見えコーデのスタイリングを得意とする。
Recommend
検索窓を閉じる