オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 一緒にいて楽しい!デートで「好感度を上げる」さりげない気遣い

一緒にいて楽しい!デートで「好感度を上げる」さりげない気遣い

男性はさりげない気遣いや気配りのできる女性に、かなりの好印象を抱くものです。

さらに、“彼女にしたい女性”の条件のひとつであったりもするので、デートで気遣いを見せることは大きなポイントにもなるでしょう。

そこで今回は、デートで好感度を上げる“さりげない気遣い”を紹介します。

 

■「並んでいるとき」に会話を盛り上げる

人気のテーマパークや話題の飲食店などでは、行列に並ばなければいけなくなることもあるでしょう。長い時間に渡って並んでいると苦痛や退屈さを感じてくるかもしれませんが、そういうときこそ気遣いを見せることが大事です。

ただひたすら順番を待っているのではなく、積極的に会話をして盛り上げたりしたら、並んでいる間だって楽しい時間になるはず。あからさまに不機嫌になったり、つまらなそうな顔をしたりするのではなく、とにかくふたりでいること自体を楽しんでくれる女性に対しては、男性もかなりの好印象を持つものですよ。

 

■なるべく「スマホ」には触らない

デート中に何度もスマホをイジられたりすると、「俺とのデートはつまらないのかな」とか「もう飽きてきたのかな」なんて男性は感じるはず。だからこそ、なるべくスマホには触らないようにするという気遣いは、男性には大きく響いたりもするでしょう。

例えば、トイレに行った際にサッとスマホもチェックしたりするのが、とてもスマートな方法かもしれません。スマホに一切触ってはいけないわけではないですが、デートそのものを楽しむことを第一に考えないと、「この子とまたデートをしたい」は思ってもらえなくなる危険性もありますよ。

 

■「好み」を覚えている

まだそんなに深い関係性でもないのに、ちゃんと自分の好みを覚えてくれていると、本気度も感じられてすごくうれしいはず。なので、デートでもさりげなくそういった一面を見せることができたら、あなたの好感度もとても上がることでしょう。

デート中にも、「○○くんチキンが好きだから、これ食べようよ」とか「あっちに○○くんの好きそうなお店があるよ」なんて言ってあげると、その気遣いにも心を奪われるものです。あと、男性が以前に話したちょっとしたことまで覚えていたりすると、より男性の感動は大きくなりますよ。

 

■プランを「一緒に考える」

好きな男性とのデートでは、「嫌われたくない」という思いから、なんでも男性任せにもしてしまいがち。男性がしたいと感じていることをさせてあげたいという考えなのかもしれませんが、「あまり乗り気じゃないのかな」などと思われることにもなりかねません。

デートはあくまでふたりで楽しむものなので、デートプランも一緒に考えるようにすると、盛り上がり度もより増すはず。意見を言うべきところではちゃんと意見を言う気遣いを見せることも、いい関係性を築いていくためには欠かせないポイントだと言えますよ。

 

気遣いは相手への思いやりがないと、なかなかできることではありません。男性もそれはちゃんとわかっているので、気遣いのできる女性からは愛情だって感じるはずですよ。

【画像】

※  Kar Tr/shutterstock

【関連記事】

山田 周平
ライター
放送作家職を経て、女性向けWEBサイトの企画・運営に携わる。現在はWEBコンテンツの企画やコラム執筆を行っている。著書に『男は耳で恋をする』『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』がある
Recommend
検索窓を閉じる