オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 【ユニクロ】話題のアイテム「ベイカーパンツ」でつくるオンオフコーデ

【ユニクロ】話題のアイテム「ベイカーパンツ」でつくるオンオフコーデ

数多くあるファストファッションのなかでも、優秀ボトムに出会える確率が高い『ユニクロ』。

そんな『ユニクロ』のなかで筆者は新たに『 ベイカーパンツ 』に注目しました。ほど良くカジュアル感があり、コーデのバリエーションを高めてくれるベイカーパンツを使って今回はオンオフコーデテクニックをご紹介します。

 

■定番は白ニット+シャツでキレイめに

定番のスタイルとしてベイカーパンツと相性の良いトップスは、オフホワイトのニットです。でも、ただトップスを合わせただけだとシンプルすぎるので、インナーに襟シャツを入れてレイヤードテクニックをさりげなく盛り込んでください。

差し色となるのはブルー系なので、ブルーのピンストライプのシャツを選びました。シャツのスソは見せても良いですし、間延びしそうな印象であればボトムにインしてもOK!

新作のベイカーパンツは、とにかく腰回り・お尻・太ももがゆったりしています。お尻が大きい筆者でも後姿はそこまでピチピチすることなく自然なシルエットを作り出せています。

ただし、どうしても背の高さがスタイリッシュさを物語るので、ヒールパンプスは必須かもしれません。

キャリア用のかっちりしたデザインのバッグを合わせればオフィススタイルにも充分OKな着こなし!

 

■グレーニット+ハイネックインナー

カーキ色のベイカーパンツにグレーのニットを合わせると、カジュアル感+シックな印象に仕上げることができます。

ただし、グレーニットとカーキだけの色合わせだとどうしても暗い印象になってしまうため、インナーに白のハイネックトップスを取り入れるなどして明るさを足すと良いでしょう。

お洋服自体は基本的にシンプルにまとめつつ、靴やバッグに少しずつ色味を足していくようにすると無難にまとまりすぎず上手にコーディネイトできるのではないでしょうか。

 

■ボリュームマフラーをON

『ユニクロ』のベイカーパンツは、腰回り・太ももをカバーするだけあってシルエットはやや太めのストレートラインです。

そのため、気になるお尻まわりや下腹部の出っ張りをキレイにカバーすることができるものの、足が短い、背が低いと少々野暮ったくなるという一面も持っています。それをカバーするためにオススメなのがボリュームのあるマフラーをシングル巻きにして合わせたスタイル。

マフラーは全身のスタイルを縦に長く見せてくれる効果があります。そのため、だらりと長くマフラーを巻いた着こなしにすると気になる足の長さ、ラインをカバーしてくれるのです。

寒さ対策もかねてマフラーにも工夫を凝らしたコーデを取り入れてみましょう。

 

ベイカーパンツ=カジュアルコーデというイメージを払拭させるには、トップスにカジュアル要素の強いアイテムを持ってこないこと。

例えば、ボーダーのカットソーやデニムシャツといった同じ属性のカジュアルアイテムを合わせると途端に休日にコーデに。

あえて、キレイめ・シンプル・モード感のある服を組み合わせることで仕事にも使える着こなしになります。ぜひ、皆さんもベイカーパンツを試してみてくださいね。

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる