オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 滝沢秀明は「宝物だと思えるような人」工藤阿須加が告白

滝沢秀明は「宝物だと思えるような人」工藤阿須加が告白

俳優の工藤阿須加さんと女優の山本美月さんが、年内で芸能界を引退する俳優の滝沢秀明さんとの共演に歓喜です。

それは12日に都内で行われた、WOWOW「連続ドラマW 孤高のメス」(2019年1月13日午後10:00)第1話完成披露試写会でのこと。滝沢秀明さん、仲村トオルさん、工藤阿須加さん、山本美月さん、長塚京三さん、内片輝監督が参加しました。

滝沢さんとの共演に工藤さんは「滝沢さんが演じる役にも魅了されて、自分の中で成長を実感する現場でした」と回想。司会の「滝沢さんから刺激を受けたことは?」との質問に滝沢さんから「ちゃんと言ってよ!」とプレッシャーを浴びせられると「全部言います!」と仲良さげ。

そして工藤さんは「滝沢さんとは初めてだったので怖い面があったらどうしようと不安だったけれど、朝に会えば笑顔で“おはよう”、撮影現場でも何気ない話をしてくれたり、こちらの緊張をいい方向にもっていこうとしてくれる優しさがあった。滝沢さんは、出会えたことを宝物だと思えるような人です」と大リスペクトでした。

それに滝沢さんは「もっとふざけて言うのかなと思ったけれど、真面目だったので緊張しました」と照れ隠ししつつ、「同世代だし、役的にもずっと一緒にいる役でした。この現場では一番会話した人。楽しい時間を過ごすことができました」と満面の笑み。

一方の山本さんは「大先輩の方々と並んで緊張しています」と恐縮気味も「看護師として手術器具の名前を全部覚えたし、滝沢さんに渡すときに“パン!”と音を立てるべく、練習もしました」と熱演報告。

それに滝沢さんは「山本さんの凄さ、上手さを一番わかるのが僕です。もうプロ並み。山本さんは器具の名前を全部覚えていて、似ているような器具の中から正しいものを素早く取るので凄い!」と太鼓判を押していました。

【関連記事】

石井隼人
エンタメライター
イベント取材やインタビュー取材に汗水たらすと同時に、映画系オフィシャルライター&カメラマンとしても暗躍する単なる映画マニア。得意分野はホラーとエログロ。LiLiCoさんから「エロ石井」と命名される。
Recommend
検索窓を閉じる