オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 小関裕太の華麗なるワンハンドダンクのメイキングも!「春待つ僕ら」特別…

小関裕太の華麗なるワンハンドダンクのメイキングも!「春待つ僕ら」特別映像解禁

12月14日(金)から全国で公開される映画『春待つ僕ら』から、迫真のバスケットシーンのメイキング&出演陣が仲良くワチャワチャする映像が、NOSHに届きました!

『春待つ僕ら』は何をするにもひとりだった“ぼっち女子”美月(土屋太鳳さん)と同じ高校の、バスケと仲間を愛する4人のバスケ男子との交流を描いた青春映画。

4人のバスケ部男子・“四天王”を演じたのは、浅倉永久役の北村匠海さん、若宮恭介役の磯村勇斗さん、多田竜二役の杉野遥亮さん、宮本瑠衣役の稲葉友さん。

4人はバスケット経験者でありながら、およそ2カ月の間練習を積み、ぐぐっと仲を深めたそう。

メイキング映像からは、4人が“いちゃつく”ワチャワチャした様子もしっかりと収められています。

一方、バスケ経験者の彼らとは異なりバスケット未経験の小関裕太さんは、アメリカ帰りの天才バスケ選手の神山亜哉を演じる、という高いハードルにチャレンジすることに。

誰よりも早く、半年以上前から練習を開始した小関さんは「特に1on1がすごく大変でした。シュートが入る、入らないだけじゃなくて、亜哉の余裕までたどり着かないといけなかったので、楽しくも大変だったかなと思います」と赤裸々に打ち明けます。

小関さんの真摯なバスケット練習の様子は、その表情からも十分伝わりますが、本番の映像では驚くべきことに華麗なワンハンドダンクを披露するまでに! 永久と亜哉が激突するシーンでは、何度も地面に転がり本気でぶつけ合うふたりの熱意がほとばしります。

ただ、役を離れると一変、小関さんがコメント撮りをしている後ろから、北村さんがひょっこり顔を覗かせるお茶目な一面も。

「かつてないくらい仲が良かった」と話す皆さんのメイキング映像で“予習”して、本編は、是非劇場で御覧ください!

NOSHでは稲葉さんのインタビュー記事を掲載中。さらに『もぐもぐ男子』で小関さんにもインタビューを実施していますので、掲載をお楽しみに。

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる