オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 北村匠海、杉野遥亮にラブコール?「一番格好いい」「好き」

北村匠海、杉野遥亮にラブコール?「一番格好いい」「好き」

12月15日(土)、映画『春待つ僕ら』公開“Anniversary”舞台挨拶が新宿ピカデリーにて行われ、共演する土屋太鳳さん&北村匠海さんが登場しました。

『春待つ僕ら』は、『ROOKIES-卒業-』の平川雄一朗監督と、『君の膵臓をたべたい』のプロデューサーが強力タッグを組んだ青春映画。

脱ぼっちを目指して高校に入学したものの、なかなかクラスに馴染めない主人公・春野美月(土屋さん)と、美月を振り回しながら、共に成長していくバスケ部男子4人の交流と恋を描きます。

いよいよ公開となった今の気持ちを尋ねられた土屋さんは、「卒業式に参加する気分です。朝ドラの後、2015年から3年間制服を着続けている作品が多く、その集大成というか卒業作品かなと思いながら撮影していましたので、無事お届けできるのは本当にうれしいです」と満面の笑み。

北村さんは、「長いこと取材だったり、東京以外の場所に行ったりもしていて、やっと公開かっていう感じが強く、不思議な感じです。ありがたい気持ちでいっぱいです」と、土屋さんと同じく感無量の表情を浮かべます。

共演の杉野遥亮さんは、「撮影が終わってから、普段からも仲良くさせてもらってるんですけど、舞台挨拶の場できちっとした姿を見ると一瞬ひるむんですよね。こう見ると格好いいな、と思うんですよ……」と胸の内をのぞかせると、北村さんが即「一番格好いいだろう!身長高いし……完全に公開処刑されてるって……」と言うと、杉野さんは「まあまあまあまあ」と照れ笑いを浮かべ、北村さんが「そういうのがいい。そういうところが好き」と告白。

さらに、クロストークで檀上が盛り上がる中、じっとその様子を見つめている北村さんに向かって、平川雄一朗監督は「北村くん目、怖いよ(笑)」と告げると、「今日、目が死んでるってすごい言われる(笑)!ここに魚がいると思ってください。寒ブリが時期ですから……」と告げ、場内をザワつかせていた北村さんでした。

また、舞台挨拶では「ワードウルフゲーム」(※それぞれ1枚ずつキーワードのカードを渡し、ひとりだけ微妙に違うものを渡され、誰がウルフかをボードに書いて出すゲーム)が行われ、「3ポイントシュート」の紙が配られる中、北村さんだけ「ダンクシュート」の紙が回ってきます。

「腹黒いのがどんどん出てくるからね、このゲーム」と言いながら、巧妙に皆の会話に合わせ、「絶対に私。合わせたもん」と自分がウルフであることに見事に気づいた北村さんでした。

映画『春待つ僕ら』は全国公開中です! NOSHでは本作に出演する稲葉さんのインタビューを掲載中&小関裕太さんの「もぐもぐ男子」も近日配信予定なので、お楽しみに!

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる