オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 柳楽優弥、オタクの“トッシー”になり切りファンに超絶神対応「ありがと…

柳楽優弥、オタクの“トッシー”になり切りファンに超絶神対応「ありがとうでござる~!」

12月18日(火)、映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』ブルーレイ&DVDリリース/デジタル配信記念トークイベントが都内にて行われ、真選組・鬼の副長“土方十四郎”とヘタレオタクの“トッシー”を熱演した柳楽優弥さん、福田雄一監督が揃って登壇しました。

映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』は、2017年実写邦画NO.1ヒットとなった前作に続き、興行収入36.7億円の大ヒットを記録!

平成最後の夏を大いに盛り上げた本作にて、主役顔負けの存在感で話題をかっさらった柳楽さんと福田監督が、公の場では初となる2Sになりました。

場内では有志のファンの方(アカバネさん)が配ったというサイリウムが照らされ、一気に盛り上げムードに。

柳楽さんは、「アカバネ氏ーーー!ありがとうでござる~~~!!」と役同様“トッシー”になり切った挨拶で、会場をさらに盛り上げます。

もらったサイリウムを終始フリフリしていた柳楽さん、土方とトッシーの再現度について触れられると「これ、結構レベル高いっすよね(笑)」、「やっぱり“俳優”っていうね」と言ってみせると、福田監督に「今、流行りのカメレオン的な!自分で言っちゃうんだね(笑)」と突っ込まれていました。

福田監督は「“パート1”で真選組の出番が少なかったので、吉沢(亮)くん含めて“2”では“よっしゃ”という感じだったらしいんですよ。柳楽くんは土方に苦労した印象。普段、格好いい人じゃないので。トッシーのほうは何の苦労もしなかったですよ」と言われると、柳楽さんは「いや、格好いいですよ(笑)」とかわいらしくプチ反論。

さらに、本作では三浦春馬さんとの共演も話題になった柳楽さん。

「春馬くんはライバルみたいな感じで。(子役時代の)オーディションを春馬くんはがっつり取っていくから(笑)。同じ高校だけど、高校時代まったくしゃべっていない、みたいな。そこからこういう共演はなかなか感動したんです。春馬くんもそう言ってくれていたから」と胸熱エピソードを明かしていました。

「“3”につなげたいと思っています」、「“3”お願いします」と福田監督と誓い合った柳楽さんは、イベントの最後に“アカバネ氏”を壇上に呼び、ポスターにサインを入れ、一緒に写真を撮ったり握手をするというスーパー神対応を見せ、場内から大きな拍手が送られていました!

NOSHでは映画公開当時、柳楽さん、三浦さんのインタビューを行い、現在も掲載中です。ぜひ御覧ください。

『銀魂2 掟は破るためにこそある』はブルーレイ&DVD リリースは12月18日(火)より発売、デジタルも配信中です!

【関連記事】

赤山恭子
エンタメライター
エンタメ雑誌編集部、映画のディストリビューターを経て、現在は主に映画&テレビ関係のインタビューや取材を担当。基本おもしろ好きなので、いろいろなところに首を突っ込んでは、ワクワクした毎日を過ごす。
Recommend
検索窓を閉じる