オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > プライドは傷つけない…「年下男子」とのデートで気をつけたいこと

プライドは傷つけない…「年下男子」とのデートで気をつけたいこと

年下の男性とのデートでは、女性側も色々と気を遣わないといけない部分もあるかも。

あまりにも年上ぶったりすると、男のプライドを傷つけてしまうようなことにもなりかねません。

そこで今回は、“年下男子”とのデートで気をつけたいことを紹介します。

 

■「最終決定権」は与える

やはり男性は、デートでは女性にカッコイイところを見せたいと思っているもの。それは年下の男性だってもちろん同じことなので、ちゃんといいところや男らしさを見せる部分を作ってあげることもとても大事です。

どこに行くかとか何を食べるかとか、このあと何をするかなど、デートではふたりで色々と話し合う場面も多いでしょうが、その“最終決定権”は男性に譲るべき。年上女性だと、ついつい自分が全てを決めてしまいがちですが、それでは男性の面目は丸潰れですよ。

 

■率先して「お金」を出しすぎない

年下男性とのデートでの気がかりな点として、お金の支払いの問題もあるでしょう。女性の方が収入が多いというケースもあるかもしれませんが、率先してお金を出しすぎてしまうのは、あまりいいことだとは言えません。

男性のプライドを傷つけてしまいますし、最悪の場合、金づるのような扱いをされることだってあるかも。まずは、男性がお金を出そうとするのか割り勘にしようとするのかを見て、それに上手に対応してあげるのがベスト。もし無理をしているようであれば、「次は私におごらせて」なんて言ってあげるのもアリですよ。

 

■「サポート役」に回る

年下男性と一緒にいるときは、無意識的に自分が引っ張ってリードするような形になったりもしやすいです。でも、デートであれば、やはりそれはやめて、基本的には男性のサポート役に回るように徹した方がいいでしょう。

例えば、意見を言う際にも、「こうしよう」と決めてしまうのではなく、「こういうのはどうかな?」と提案するような形にするだけで、与える印象は大きく変わるもの。さりげなくフォローやサポートをしてくれる女性は、男性の理想の彼女像でもあるので、居心地だってとてもいいはずですよ。

 

■ちゃんと「年上らしさ」は見せる

年上女性ならではの大人の魅力というのは、男心をとても大きく揺さぶるもの。もちろん年上の女性とデートをするときには、そういった魅力に触れることも少なからず期待はしているはずなので、ちゃんと年上らしさも見せた方がいいでしょう。

外見的な大人っぽさや色気も大事ですし、内面的な大人の包容力を感じさせることも大事。自分の意見や考えがしっかりとあって、それでいて細かなことは気にしないさっぱりとした態度を示したりできると、年下男性にはたまらなく魅力的に見えるはずですよ。

 

年下の男性とのデートでは、年下扱いをしすぎずに、とはいえ、年上の魅力はちゃんと感じさせることが大事。このバランスをうまく取ることができれば、男性はあなたにメロメロになっちゃうはずですよ。

【画像】

※ nd3000/shutterstock

【関連記事】

山田 周平
ライター
放送作家職を経て、女性向けWEBサイトの企画・運営に携わる。現在はWEBコンテンツの企画やコラム執筆を行っている。著書に『男は耳で恋をする』『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』がある
Recommend
検索窓を閉じる