オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > ゲス男がたじろいだ…2018年恋の修羅場エピソード

ゲス男がたじろいだ…2018年恋の修羅場エピソード

世の中にはイイ男もいれば、ろくでもない男もいるもの。

なんの因果か、悪い男に引っかかってしまったとき……。なかには、相手の男性を捕まえて、洗いざらい文句を言ってやったり、自分がされたことを同じようにやり返したりする人もいるかもしれません。

ろくでもない男性は、放っておいても日々の行いが自分に返ってくるものですが。今回は、ゲス男が思わずたじろいでしまった修羅場エピソードを集めてみました。

 

■タイミング悪く…

「元々女の子好きで、彼女もそれを知っているので、デートしていてもおかしな行動を取っていると、すぐ浮気を疑われるんですよね。実際、浮気しているときも、すごくて。俺のスマホで、ふたりでYouTubeを見ていたら、タイミング悪く浮気相手から“エッチしたーい!”のLINE通知がきて。その場でビンタくらいました。」(28歳/男性/サービス)

浮気性ならまだしも、実際に浮気しているとなれば、バレたときの修羅場は避けられませんね。一番は浮気をしない男性をゲットすることですが。浮気性の男性を好きになってしまったら、浮気性の彼を受け止められるのか。まず考えられるといいかもしれません。

そして、“浮気をしたら別れる”と、線引きをしっかりと持つとか。浮気をされたら、そのときに別れるか考えるとか……。
浮気性の彼との付き合い方を自分なりに持ったほうが、いざ浮気をされても、慌てなくて済み、また付き合っていても不安が少ないと思います。

 

■ファミレスで水を…

「結婚を前提に付き合っていた彼女と別れて、別の女性と一緒になる話をしたとき。彼女が血相を変えて、“よくも騙したな!”と怒鳴った挙げ句、店内で水をぶっかけられた。彼女の性格からして、ただじゃ済まされないだろうなとは思ったけど、あのときはすごく怖かった。」(28歳/男性/販売)

結婚する約束までして、別の女性と結婚するとなっては、付き合っていた女性にとっては辛いですよね。アラサーにもなれば、お互いに不安を覚えて、結婚に焦ってしまうかもしれません。

でも、結婚=幸せではありません。いい人と結婚しなければ、独身以上に結婚生活はひどく辛いものに恐れも。生涯のパートナーは、ぜひお互いが納得できる相手を見つけましょう。そして、将来の話をきちんとできる相手を見つけて、ふたりが幸せになれる手立てを一緒に作りたいですね。

 

■事の最中に…

「元々彼女が俺の浮気を疑っていて。証拠をつかむように、黙って俺の部屋に来たんですよ。そのときちょうど、浮気相手と事の真っ最中で。そのあと彼女に泣かれて、叩かれて。あのときはもう浮気を後悔したっていうか、かなりやつれたな。」(28歳/男性/IT)

浮気現場を目の当たりにしては、もう隠しようがありませんし、別れる選択肢以外にあり得なさそうです。浮気性の男性がこれに懲りて、浮気しなければいいのですが……。浮気をする人は、残念ながら何度もするもの。彼が浮気をしない期待は、実際のところ少ないかもしれません。

 

いかがでしたか。できるだけ修羅場な場面には、立ち合いたくないですよね。付き合う男性はちゃんと選んで、ステキな恋をしたいですね。

【画像】

※ Roman Samborskyi/shutterstock

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる