オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > モテ女が実践!男性に嫌われない“愛され”マナー

モテ女が実践!男性に嫌われない“愛され”マナー

男性に好かれるようにすることも大事ですが、嫌われないように心がけることもとても重要。

モテる女性は最低限のマナーをちゃんと守り、男性に嫌悪感を抱かれるような行動はあまり取らないものです。

そこで今回は、男性に嫌われないようになる“愛されマナー”を紹介します。

 

■他の男性と「比べない」

男性は他の男性と比べられることをとても嫌いますし、そこで“自分の方が下だ”と感じたらプライドもかなり傷つきます。女性側には別に比べたりしたつもりはなくても、男性にはそうは受け取られていないこともあるので注意が必要です。

「○○くんがすごい稼いでるらしいよ」とか「○○くんは本当にカッコイイよね」なんて言われたら、やはり男性はただの世間話のようには感じられないもの。そもそも男性といるときに他の男性の話をしすぎること自体が全くいい印象を与えないので、もっとふたりでの会話を楽しむことを心がけるべきでしょう。

 

■すぐに「感情的」にはならない

感情の起伏が激しい女性は、男性が最も苦手とする女性であるとも言えます。何かある度にすぐに感情的になられたりすると、理解に苦しみますし、どう対処していいのかもわからないので、ただただ面倒にしか感じないもの。

怒ったり泣いたりすることもあるのは当然なので何も問題はないのですが、ちょっとしたことで急に感情的になることに男性は引いてしまうのです。基本的には穏やかで気性が安定している女性に、男性は好感を持ちますし、近づきやすさも感じるはずですよ。

 

■「スマホ」ばかりを触らない

一緒にいるときにスマホをイジってばかりいる女性に、いい印象を持つ男性はまずいないはず。失礼な女性だと感じるのもあるでしょうし、“俺といても楽しくないのかな”とガッカリしたりもすることでしょう。

特に、気になる男性と2人きりの状態のときには、なるべく必要以上にスマホには触らないように心がけるべき。“あなたとの時間を楽しんでいる”という姿勢を見せられるかどうかで、その先の発展性も大きく変わってくるはずですよ。

 

■「頭ごなしの否定」はしない

自分の意見や考えに対して頭ごなしに否定をしてくる女性には、“この子とは合わないな”と男性は感じるもの。全てを肯定しろという意味ではなく、いきなり頭から否定をしたり批判をしたりするのは避けた方がいいということです。

「それは違うよ」とか「そうじゃないって」などと、真っ向から反論ばかりされたら、あなたと話す気にもなれなくなるはず。まずは一度受け入れて、その上でどうしても反対意見を述べたいときには、「でも私はこう思うな」といった言い方で話し合うようにすれば、男性もそんなに嫌な気はしないでしょう。

 

“嫌われないようにしよう”と考えすぎるのはよくないですが、確実に嫌われてしまうであろう言動はなるべく避けるべきです。今回挙げたものはその典型とも言える言動ばかりなので、特に注意をしてくださいね。

【画像】

※ Bobex-73/shutterstock

【関連記事】

山田 周平
ライター
放送作家職を経て、女性向けWEBサイトの企画・運営に携わる。現在はWEBコンテンツの企画やコラム執筆を行っている。著書に『男は耳で恋をする』『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』がある
Recommend
検索窓を閉じる