オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 見習うべき!長続きカップルが実践している会話テク

見習うべき!長続きカップルが実践している会話テク

いつまでも長く付き合っていけるようなカップルになるには、日頃からのコミュニケーションが最も大切です。

ちゃんと言いたいことがお互いに言い合えるような関係性が築ければ、不満やストレスも溜めにくくなるでしょう。

そこで今回は、長続きカップルが実践している“会話テク”を紹介します。

 

■「テンポ」が合っている

テンポが合わない人との会話は、うまく噛み合わなかったりもするので、なんだかいまいち盛り上がりにくかったりもします。それはカップルでも同じで、テンポやスピード感があまりにも違うと、聞いているのも苦痛になってくるかも。

彼氏がボケたのならツッコミを入れてあげたり、まとまりのない長い話を自分だけがし続けたりはしないようにするだけでも、状況は変わってくるはずです。テンポが合ってくると、自然と気分やノリもよくなってくるので、恋人との会話がより楽しく感じられるようにもなることでしょう。

 

■話を「奪い取らない」

まだ話をしている最中なのに、遮られたり邪魔をされたりすると、かなりイラッとするものです。そういうことが多くなると、もう話しをすること自体が嫌になってくるので、会話の数がどんどん減っていく原因にもなるでしょう。

女性に比較的多く見られるのが、話を遮ったうえで自分の話にすり替えて、会話を奪い取ってしまうこと。それでは彼氏も嫌気がさすはずなので、ひとまず“最後まで相手の話を聞く”という点だけは徹底することが、長続きの大きな秘訣でもありますよ。

 

■いちいち「重く捉えない」

ちょっとしたひと言や思わず出た失言を、いちいち重く捉えられてしまうと、だんだん一緒にいるのも面倒になるもの。もちろんひどい言葉であったのならきちんと怒るべきですが、ちょっと嫌なことを言わただけで深く落ち込んだりするのはあまりよくないかも。

どうしても嫌なのであれば話し合いをした方がいいですし、そこまでではないのであれば受け流すことも大事です。何でも言い合える関係になるには、さっぱりとした面を持っていることも大きなポイントなので、全てを深く受け止めすぎないようには心がけましょう。

 

■「真面目な話」もちゃんとする

やはり長続きしているカップルは、ちゃんと真面目な話をする時間も持っているものです。真剣な話から目を背けて逃げたりしていたら、本当の意味での信頼関係は築いていくことができないでしょう。

ここぞというときやいざというときだけでもいいので、大事な話や真面目な話を面と向かってきちんとできるふたりになることはとても大事。お互いがお互いのことを真剣に考えてくれているということが伝われば、間違いなく愛情もさらに大きくなりますよ。

 

会話のないカップルや会話が噛み合わないカップルは、やはり長くお付き合いをするのは難しくなってくるはず。くだらないことでもいいので、常に会話ができるような関係になれると、絆も深くなっていくことでしょう。

【画像】

※ gpointstudio/shutterstock

【関連記事】

山田 周平
ライター
放送作家職を経て、女性向けWEBサイトの企画・運営に携わる。現在はWEBコンテンツの企画やコラム執筆を行っている。著書に『男は耳で恋をする』『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』がある
Recommend
検索窓を閉じる