オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 認めてもらえる…「彼ママ」に好印象を与えるさりげない気遣い

認めてもらえる…「彼ママ」に好印象を与えるさりげない気遣い

付き合っている彼氏といずれは結婚も視野に入れているのであれば、彼氏のママと仲良くすることも重要なポイント。

普段からさりげない気遣いを見せて、ちょっとずつ好感度を上げておくことが大切でしょう。

そこで今回は、“彼ママ”に好印象を与えるさりげない気遣いを紹介します。

 

■進んで「家事」を手伝う

彼氏の実家に行った際に、お客さんとしてただ座っているだけでいるのは絶対にダメ。もしも一緒に夕食を食べたりするのであれば、進んで家事を手伝うようにすると、好印象を与えられるだけではなく、「いい奥さんになりそうね」なんて思ってももらえるでしょう。

ただ、いきなりズカズカと台所に入られるのを嫌う人もいるので、「何かお手伝いさせてください」とひと声かけるのがベストかも。

まずは、「そういったことが自然にちゃんとできる女性なんだ」というイメージを残すことが大事ですよ。

 

■「誕生日」にプレゼントをする

プレゼントや贈り物をもらってうれしくない人はまずいません。なので、彼氏のママにも、何かある度にちょこちょことプレゼントやお土産などを渡したりできると、「気が利くいい子だな」と思ってもらえることでしょう。

遊びに行く際の手土産、旅行帰りの際のお土産、そして誕生日にはちゃんと誕生日プレゼントを贈ってあげるようにすることはとても大事。

常にちゃんと自分のことも考えてくれている感じがするので、彼氏のママはかなり喜んでくれるはずですよ。

 

■興味津々に「話を聞く」

どんなに性格が良くても、会話があまり弾まない女性だと、彼氏のママとしては「なんだか気が合わなそうな子ね」なんて思うもの。

最初は緊張してなかなか会話もうまくできないでしょうから、とにかく彼氏のママの話をきちんと聞くということが大事。

流したり適当な感じで聞いたりするのではなく、興味津々な様子を見せることができると、彼氏のママも話していて楽しくなるはずです。また、自分ばかりがベラベラと話すのではなく、なるべく彼氏のママが話しやすそうな話題を振ってあげるのも大切な気遣いですよ。

 

■それとなく「頼るようにする」

先輩女性として、彼氏のママにそれとなく頼ってみるのもひとつの手。頼られたら悪い気はしないでしょうし、自分への敬意や慕っている様子も感じられるので、「可愛い子ね」と親近感も一気に湧いてくるものです。

例えば、料理のやり方を教わったり、美容法について聞いてみたりと、特に女性としての部分で頼ったり教わったりすると、彼氏のママも色々と教えてあげたくもなるもの。

また、教わったことはちゃんと実践するようにすると、よりあなたのことを可愛らしく感じてくれるはずですよ。

 

彼氏のママから嫌われてしまうと、交際の大きな壁になってしまう危険性も秘めています。過度に気にする必要はないですが、ちょっとした気遣いを見せられれば、一気に好印象は与えられるはずですよ。

【画像】

※ VGstockstudio/shutterstock

【関連記事】

山田 周平
ライター
放送作家職を経て、女性向けWEBサイトの企画・運営に携わる。現在はWEBコンテンツの企画やコラム執筆を行っている。著書に『男は耳で恋をする』『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』がある
Recommend
検索窓を閉じる