オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 男が離れる…「愛されない女」がやりがちな痛い行動

男が離れる…「愛されない女」がやりがちな痛い行動

「あれ?」気が付くと、いつも男が離れていってしまう……。

実は、行き過ぎた行動が、なぜか裏目に出てしまうこともあるようですよ。

そこで今回は、愛されない女がやりがちな痛い行動について、ご紹介しましょう。

 

■相手に合わせる

嫌われたくないという思いから、なにかと相手に合わせがちな「愛されない女」は、常に彼の顔を窺いながら、どうしたら相手に嫌われないのかを、見定めているのでしょう。

ただ、自分の意見を持つことも大切。愛される女性になるためには、まずは、あなた自身の感じ方や考え方を伝えてみましょう。

相手に自分を知ってもらう、これは、恋愛をする上で、大事なことなのかも。

 

■尽くしすぎる

相手のことが好きだからこそ、色々してあげたくなるのかもしれません。

ところが、男性はしてもらうよりも、してあげたい生き物。女性を喜ばせてあげることに、喜びを感じるのが男心なのですね。

世話を焼きすぎたり、気遣いすぎるのは、逆効果。できるだけ、ありのままの自分で過ごすように、心がけてみましょう。

 

■疑ってしまう

「誰と会っていたの?」「どこへ行くの?」

いつも相手のことを疑ってばかり。これも、愛されない行動の1つだと言えるでしょう。

確かめようとするのは、自分の不安を取り除くための行為。男性側からしたら、常に監視されているような、息苦しさを覚えるはず。

信じてもらえるからこそ、守りがいがあるというもの。手放しに信頼してあげましょう。彼を男らしくしてあげるのも、あなたの努めなのでは。

 

■ネガティブな発言

妬みやひがみ、嫉妬など、なにかとネガティブなワードをぶつけてくる女性に、男性は敬遠しがち。

「安心させて欲しい」という思いからなのでしょうが、男からしたら、愛しがいがない相手と思ってしまうようです。

信頼し合える笑顔を。クレクレばかりではなく、分かち合えるような愛し方を心がけてみましょう。

 

きっと、これらは、好きだからこその表れなのでしょう。

しかし、愛し合いたいはずの思いが、行き過ぎた痛い行動になってしまったら、本末転倒です。

相手の気持ちを探るよう行為はやめて、もっと、自分の自信を持ってみては。彼も、そんなあなたの姿を望んでいるはずですよ。(占い師・そら)

【画像】

※ nd3000/shutterstock

【関連記事】

占い師そら
恋愛専門占い師
20代、寺院で仏教を学ぶ。新宿歌舞伎、某有名ホストクラブで、売れっ子ホストとなる。持って生まれた天性を働かせ、悩める女性たちの恋、結婚、複雑な愛の相談から成就へと導く。スピリチャル的感性とリアルな体験を組み合わせた、占い師として活躍中。
Recommend
検索窓を閉じる