オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 話題に困ったら…「初デート」でも話が弾むトークテーマ

話題に困ったら…「初デート」でも話が弾むトークテーマ

“初デート”ではお互いに緊張度が高いので、あまり会話が弾まなかったりもするでしょう。

そんなときでも、お互いに話しやすくなる話題をちゃんと知っておくと、変な空気になったりはせずに済むはずです。

そこで今回は、“初デート”でも話が弾むトークテーマを紹介します。

 

■ふたりの「共通の話題」

会話を盛り上げるために最も無難なトークテーマは、やはりお互いに共通しているものです。同じ職場のふたりであるなら職場の同僚や仕事の話、同じミュージシャンが好きなのであればそのミュージシャンの話をしたりすれば、自然と色々なエピソードも出やすいでしょう。

共通する部分があるとわかると一気に親近感も湧いてくるものなので、まだ関係性が浅いときには、共通点を探すことはとても大切。

些細なことでもいいので、同じものに興味を持っていたりしたら「私もそれ好き」なんて反応してあげると、デートの雰囲気もかなり良くなるはずですよ。

 

■お互いの「第一印象」

「初デート」の段階ではまだ知り合って間もなかったりもするでしょうから、お互いの第一印象を聞き合ってみるのもいいでしょう。気になっている部分ではあるでしょうから、単純にかなり気分も高まるはずです。

その際の上手な言い方としては、「ちょっと怖そうに見えたけど、実際はすごくやさしい人だなって思った」などと、初めに軽く下げつつ最後に持ち上げる感じで言うのがベスト。また、自分がどう見られているのかがわかれば、その後の立ち振る舞いにも役立つので、とても有益的な会話でもありますよ。

 

■「休日」の過ごし方

いつも休日にどういった過ごし方をしているのかを聞くと、二回目以降のデートに活かすこともできます。また、どういう趣味を持っているのかもわかったりするので、相手のことを知るうえでも効果的な会話と言えるでしょう。

例えば、「ゴルフによく言っている」と男性が答えたのなら、「私も今度連れてってくださいよ」と返すだけで、次にまた会う約束ができたりもするかも。ただ、あなたの休日の過ごし方を、「いつも寝てるだけ」とか「飲み会三昧です」なんて答えると確実に幻滅されてしまうので、そこはさすがに男性にどう思われるかも多少は考えた方がいいですよ。

 

■「相手への関心」を強く示す

初デートで緊張して会話が弾まないときなどには、焦って「何か話さなきゃ」と思ったりもするもの。でも、焦れば焦るほど頭は真っ白になるでしょうし、無理に頑張って話そうとすると、どうでもいいつまらない話になったりもしやすいです。

まずは、男性に関心を示してなるべく男性に話をさせるようにすると、会話も煮詰まったりしないし、男性をいい気分にさせることもできるでしょう。男性が話しているときに軽く聞き流すのではなく、ちゃんと興味を持ち、できれば質問などもするようにすると、話も広がっていくはずですよ。

 

会話が弾まないふたりでは、なかなか関係性も深まっていかないもの。特に、“初デート”ではそんな状況にもなりやすいので、あらかじめトークテーマを多少は考えておくことも大事でしょう。

【画像】

※ George Rudy/shutterstock

【関連記事】

山田 周平
ライター
放送作家職を経て、女性向けWEBサイトの企画・運営に携わる。現在はWEBコンテンツの企画やコラム執筆を行っている。著書に『男は耳で恋をする』『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』がある
Recommend
検索窓を閉じる