オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > やっぱり…男性が「この子彼氏いないんだろうな」と確信する瞬間

やっぱり…男性が「この子彼氏いないんだろうな」と確信する瞬間

「次こそ、いい人と巡り合えますように」

そんな漠然とした願望を胸に合コンへ向かう女性の結果は、いつもイマイチ。ルックスやトークも“そこそこ”だったはずなのに「なんで?」「どうして?」と相手を責める女性は少なくなくありません。

でも、初対面で「なし判断」されてしまうのは、間違いなくあなたが負のオーラを出しているから。恋愛に発展しない原因は、あなたのちょっとした立ち振る舞いや言動にあるかもしれません。

そこで今回は、20~30代独身男性を対象に“恋愛”に関するアンケートを実施! 「この子彼氏いないんだろうな」と確信する瞬間を教えてもらいましたよ。

 

■「私、ダメ男に惹かれるの」と告白された瞬間

「仕事もプライベートも予定がぎっしり詰まっていて、“私って、デキるタイプなの”とアピールしてくる意識高い系女子ほど鬱陶しいものはない。そういう女性って、なぜか最後に“ダメ男に惹かれるの”ってオチを口にするんだよね。“だから彼氏できないんだよ”と心の中で突っ込んでしまう。」(29歳/金融)

男性が心惹かれるのは、思わず手を差し伸べてしまうようなちょっぴり頼りない女性。何でも1人でこなすデキる女性は、どうしても男性から敬遠されがちです。

仕事に打ち込んだり、習い事に通ったり、将来のために投資をしたり……。前向きでキャリア志向な女性は、恋愛スイッチが入りにくい傾向があります。

間違っても「ダメ男に惹かれる」なんて失言でシャットアウトされないようにご注意を!

 

■「だって」「でもさ」の否定語ばかり耳にした瞬間

「どんな会話をしているときも、“だって”“どうせ”“でも”と否定語ばかり並べてくる女って何なの?それ以上会話が続かなくなるし、ぶっちゃけ話す気がなくなる。彼女にしたら面倒くさそうな女の代表格だね。」(31歳/公務員)

男性が付き合ってみたいと思うのは、一緒にいて「楽しい」「前向きな気持ちになれる」「癒される」相手。どんな話題にも否定的でネガティブな感情を抱くような女性とは「向き合いたくない」と思われて当然です。

「でもさ」「違うんじゃない?」なんて相手の意見を折り曲げるような言葉ばかり口にしていると、「面倒くさそうな女」「これじゃ彼氏はできないだろう」と値踏みされてしまいます。

気になる男性の前では、否定的な言葉をしっかり封印しておきましょう。

 

■「〇〇じゃないとダメ」と高い理想を掲げられた瞬間

「知り合ったばかりの頃って、お互いの相性を確かめるための探り合いの時間だから何を聞いても驚かないところはあるけど、理想の彼氏・旦那についてありえないような理想を掲げられると“これ以上アプローチしても無駄だな”と思う。そんな現実離れしたことを言っていると、誰も近寄らないんじゃないかな?」(33歳/メーカー)

相手を好きになる前に確かめておきたいのが、「好きな人のタイプ」「理想の異性」ですよね。大抵は当たり障りのない条件を1つや2つ挙げるものですが、ガツガツと「年収〇万以上」「偏差値〇以上の大学卒」「首都圏勤務」といったリアルな理想を語ってしまう女性も……。

これでは始まりかけた恋も一気に冷めてしまいます。男性から「絶対に彼氏ができないタイプ」と烙印を押されないように、地に足の着いた発言を心がけましょう。

 

このほか、「ルックスに気を遣わない」「自意識過剰な」「女性同士でつるんでいる」「下品」な女性は、男性から「こいつ、彼氏いないな」と思われがち。

1つでも心当たりのある女性は、恋のスタート地点で損している可能性があります。日ごろの振る舞いをこっそり改めてみてはいかがですか?

【取材協力】

※ 20~30代独身男性

【画像】

※ fizkes/shutterstock

【関連記事】

大学在学中からフリーライターとして活動中。現在は、恋愛コラムやエステティック会員誌、新聞広告記事などを執筆中。20〜30代男女のリアルな声を取り入れた恋愛記事は、恋する乙女必見。
Recommend
検索窓を閉じる