オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > その人で大丈夫?焦って「結婚」に走ると失敗する理由

その人で大丈夫?焦って「結婚」に走ると失敗する理由

筆者が以前占い師に聞いたところによると、女性の相談で一番多いのは“結婚”に関することとのこと。

「結婚できるのか?」そう占い師に相談したい気持ちもわかるし、焦る気持ちもわかりますが、焦って結婚しても順調な結婚生活を送れるとは限りません。結婚とは決してゴールではないのが現実なのです。

そこで今回は焦って結婚すべきではない理由をご紹介します。

 

■「結婚」したかっただけで愛が芽生えない

不倫に走る女性、夫を毛嫌いする女性、その理由は様々でしょうが、一つには、結婚したかっただけで夫への“愛情が芽生えない”のが原因にあるそうです。

たとえ恋愛結婚をしたとしても、愛情だと思っていた気持ちが単に結婚への焦りからくるもので、本当の愛情ではなかったと、結婚してから気付くケースも多いとのこと。

そもそも、日本人は“愛”という言葉に疎く、いまいちピンとこない、使って欲しくない、安い言葉に聞こえるという人もいます。

でも、好きな気持ちとは違うそれ以上の気持ちを言葉で表すなら、“愛”が相応しいと筆者は考えます。

愛に具体性はないし、感覚的なものですが、それを感じられない相手と焦って結婚しても、愛が芽生えなければ、“一生を共に歩むことなどできない”のかもしれませんね。

 

■理想と現実のギャップ

未婚の女性は結婚への理想があると思いますが、結婚をした女性が口々に言うのは、“理想と現実は違う”ということ。

結婚とは何か? まだ見ぬ結婚という世界を予習するため、スマホで結婚の何たるかを調べる女性もいるでしょうが、結婚に必要なのは、知識というよりも“覚悟”ではないでしょうか?

覚悟が出来る前に焦って結婚してしまうと、大抵は、現実という荒波に飲み込まれてしまうみたいです。

 

■彼の本性を知らない

誰でも心の中に、ジキルとハイドがいるはず。闇と呼べるほど深くなくても、表と裏の差が小さくても、誰にだって他人には見せない顔、隠している部分があるものです。

焦って結婚をしてしまうと、自分の本性を見せぬまま、相手の本性も知らぬまま、一緒になってしまうことになります。

これは希ですが、結婚してから男が“豹変”するケースもあるそうです。

また、結婚したら家事をしなくなった、怠けるようになった、生活費を入れない、構ってくれない、二人でコツコツ貯めている貯金を勝手に使うなど、そういったケースもあるため、彼が見せずに隠している本性を知らぬままに焦って結婚しても、バラ色の結婚生活は送れないかもしれません。

 

とは言っても、どうしたって焦ってしまうものである。信じたい気持ちもあるだろうし、“運命”を感じていることも。

恋愛期間0日で上手くいっている夫婦もいますし、恋愛期間が10年もあるのに、結婚して1年で破綻する夫婦もいるぐらいなので、何が正解かはわかりませんが、結婚は一生を左右する問題なだけに、彼は本当に大丈夫な人かどうか、焦る気持ちを抑えて“冷静”になった方がいいのかもしれませんね。

【画像】

※  Jurij Krupiak/shutterstock

【関連記事】

瀬戸 樹
ライター
人生の迷子中にひょんなことからライターに転身。最近では男性向けの恋愛記事も執筆している。豊富な恋愛経験から導き出される記事は、上っ面のコラムとは一線を画していると定評あり。
Recommend
検索窓を閉じる