オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 西島秀俊、不謹慎発言と勘違い!? 「火葬じゃないですよ!」

西島秀俊、不謹慎発言と勘違い!? 「火葬じゃないですよ!」

理想の上司No.1俳優の西島秀俊さんが、不謹慎発言と勘違い!?

それは6日に都内で行われた、TBS系金曜ドラマ『メゾン・ド・ポリス』(1月11日午後10:00スタート)の第一話完成披露試写会でのこと。高畑さん、西島秀俊さん、小日向文世さん、野口五郎さん、角野卓造さん、近藤正臣さんが参加しました。

本作は、高畑さん演じる新人刑事・牧野ひよりが退職警察官の住むシェアハウスを訪れ、訳ありの5人のオジサンたちに振り回されながら事件を解決していく内容です。

元敏腕刑事で現在はシェアハウスの使用人を務めている役どころの西島さんは「シェアハウスでのダラダラしたところと、捜査モードのキリッとしたときのみなさんのギャップを楽しんでほしい」とベテラン俳優勢のいぶし銀芝居をアピールしました。

すると高畑さんは「まさに“おじキュン”。どんなタイプが好きな方でも、色んなタイプのおじさま方がいるので、必ず誰か自分のタイプの人が見つかるはず」と猛プッシュも「“おじキュン”という言葉を流行らせたいけれど、今のところ私しか言っていない」と照れ笑い。

ちなみに小日向さん、角野さん、近藤さん、野口さんら“おじさま方”は、撮影中は健康話や終活話に花を咲かせているそうです。会見中も小日向さんが「青山墓地は値段が高いみたい」とボヤくなど、会場中を爆笑させました。

そんな中、最年少の高畑さんが「私はお墓の話には加われないけれど……」と苦笑いしつつ、撮影時のエピソードとして「“仮装”姿の撮影のときに」と話し出した途端、西島さんが「“火葬”じゃないですよ!」とツッコみだして「今の話の流れだと“火葬”のように聞こえてしまうから」と過剰に心配していました。

【関連記事】

石井隼人
エンタメライター
イベント取材やインタビュー取材に汗水たらすと同時に、映画系オフィシャルライター&カメラマンとしても暗躍する単なる映画マニア。得意分野はホラーとエログロ。LiLiCoさんから「エロ石井」と命名される。
Recommend
検索窓を閉じる