オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > こっそり付き合いたい…「社内恋愛」をバレないようにするコツ

こっそり付き合いたい…「社内恋愛」をバレないようにするコツ

“社内恋愛”をしていることが周囲の人たちにバレてしまうと、仕事に支障をきたすようなことにもなるかも。

オープンな会社であるのならいいですが、そうでないのなら、上手に隠すことも重要なポイントであると言えるでしょう。

そこで今回は、“社内恋愛”をバレないようにするコツを紹介します。

 

■相談は「外部の人」にする

恋愛をしていれば、友人や知人に悩みを相談したくなるようなときもあるでしょう。でも、みんなに内緒の社内恋愛をしているのであれば、やはり社内の人たちには絶対に隠し通すようにするべきです。

ひとりに話してしまうと、どうしても噂が出たり広まったりしてしまう危険性は高くなるもの。何か相談したいことや聞いてほしいことがあるのであれば、社内や仕事関係の人ではなく、全く職場に関係のない外部の人に話すようにすることが最も安全な策ですよ。

 

■「態度」を変えない

社内恋愛でよく起こりがちなミスが、付き合う前と後で態度や接し方が変わってしまうこと。それは最もバレやすい原因でもありますし、バレなかったとしても“なんかあのふたり変だよね”という疑惑は生んでしまうでしょう。

付き合い始めた途端に、イチャイチャしたりラブラブオーラを出したりするのはもちろん厳禁ですが、逆によそよそしくなったりするのもNG! 今までと同じように接するようにしないとすごく目立ってしまうので、みんなの注目を集めるようなことにもなりかねませんよ。

 

■「行動時間」をずらす

付き合っている恋人とは、できるだけ一緒の時間を過ごしたいと感じることでしょう。でも、みんなにバレないように社内恋愛をしている場合には、できるだけふたりの行動時間をずらすように心がけることが大事。

通勤時間や退社時間を一緒にしたり、有給休暇を同じタイミングで取ったりすると、すぐにあやしまれるはずです。本人たちは気づかれていないと思っていても、意外と社内の誰かに見られていたりするものなので、面倒でもちゃんと時間差で動くようにはしましょう。

 

■「相手の仕事の話」はしない

付き合っていれば、相手がどんな仕事をしているのかも細かくわかってくるようになるでしょう。でも、それをポロッと他の社員の人たちの前で喋ってしまうと、“なんで違う部署なのにそんなに詳しいんだろう?”などとあやしまれる危険性も大。

なので、“相手の仕事のこと”に関しては、下手に何かを話したりはしない方がいいです。社内の人とは、やはり仕事の話をする機会がとても多いでしょうから、社内恋愛をするうえでは実はかなり注意するべきポイントと言えますよ。

 

“社内恋愛”は、意外なところで不意にバレてしまったりもしやすいです。あやしまれるような言動を多く取ってしまうと、周囲の観察の目も厳しくなってくるので、気を緩めないように注意する必要はあるでしょう。

【画像】

※ nd3000/shutterstock

【関連記事】

山田 周平
ライター
放送作家職を経て、女性向けWEBサイトの企画・運営に携わる。現在はWEBコンテンツの企画やコラム執筆を行っている。著書に『男は耳で恋をする』『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』がある
Recommend
検索窓を閉じる