オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 深田恭子、まさかのミスに赤面!中村倫也が優しくフォロー

深田恭子、まさかのミスに赤面!中村倫也が優しくフォロー

2019年1月8日、TBS火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』完成披露試写会・舞台挨拶が行われ、主演の深田恭子さん、共演の永山絢斗さん、横浜流星さん、中村倫也さんが登壇しました。

本ドラマは、深田さん演じる人生なにもかも上手くいかない残念なしくじり鈍感女子と、タイプの違う3人の男性たちの恋模様を描く、笑って泣いてキュンとするラブコメディです。

「日々楽しく撮影をさせていただいています」とにこやかに語った深田さん。今回演じる主人公のしくじり鈍感女子・春見順子について「私から見ると、立派に生きている女性だなという印象を受けました。私はなかなか物事を言いきったりしなくて、迷ったりするタイプなので演じていて気持ちよく感じる部分がある。こんなふうになれたらいいなと思います」とコメントします。

また、横浜さんは冒頭のあいさつから言い間違えをするなど緊張気味。「すみません、テンパっちゃって……」とバツが悪そうに話すと、横にいた中村さんが「あとで生徒指導室で滾々と説教します!」と劇中の役になぞらえて、笑いに変えます。

横浜さんが演じるのは順子に思いを寄せる不良高校生・由利匡平。実はオーディションで掴んだ役どころとのことで、「原作を読んで素敵だなと思いましたし、魅力的でかっこいい匡平を演じたい。人気枠で素敵なキャスト、スタッフの皆さんと一緒に匡平(という役)を生きることをうれしく思います。自信をもって全身全霊で臨んでいる」と熱い思いを明かしてくれました。

今年の抱負について聞かれたキャスト陣。中村さんは「ゴルフを始めたい」とのことで、「上手い人にやりたいって可愛らしく言って、グッズを買ってもらって、車を出してもらって……」と“おねだり上手”な一面も見せます。さらに「ゴルフと釣りとキャンプをやりたい。自然と触れ合うものばかりなので、都会の生活に疲れているのかな」と語り、癒しを求めているご様子でした。

一方で永山さんは「500円玉貯金をしていて、バックパッカーになりたい。仕事でしか海外に行ったことがないので、旅に出たい。ガンジス川を見たい、すぐにでも出たい」と語ると、「何があったんですか?」と会場はザワザワ……。続けて「旅に出たい周期がありまして、30歳になるので新しいことをしたい」と笑顔を見せました。

そして深田さんは「今年はとにかくこのドラマからスタートなので、初めて恋を“する”日に……」と切り出すと、すかさず横浜さんから「した!」とツッコミが。「また間違えちゃった!今のみんな忘れてください……!」と赤面する深田さんに、「大丈夫、こういうの記者さん好きだから!」と中村さんが大人の余裕で優しくフォローしていました。

TBS火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』は1月15日(火)よる10時スタートです!

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる