オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 婚期か遠のく…「結婚したい」のならすぐにでもやめるべきこと

婚期か遠のく…「結婚したい」のならすぐにでもやめるべきこと

本気で結婚したいと考えているのであれば、それに伴った行動も取るようにした方がいいでしょう。

特に、結婚が遠のいてしまうようなことはなるべくしないように心がけることが、とても大事です。

そこで今回は、結婚したいのならすぐにでも“やめるべきこと”を紹介します。

 

■「焦っている感」を出す

“すぐにでも結婚したい”という気持ちが強くなりすぎると、焦っている感が出てしまったりもしやすいです。この“結婚に焦っている感じがする女性”というのが、男性が付き合ううえで最も腰が引けてしまう相手でもあります。

付き合ったらすぐにでも結婚をしなければいけないような雰囲気があるので、さすがに男性にはプレッシャーが大きすぎるはず。本人は焦っているつもりはなくても、結婚を意識させるような発言があまりにも多くなると、どうしても男性には重く捉えられてしまうものですよ。

 

■「独身女性」とばかり過ごす

いつも独身の女性とばかり過ごすようになると、“別に結婚しなくてもいいかな”とか“みんなもまだ独身だしね”なんて思いが芽生えたりもしやすいです。また、“自由に遊べて独身の方が楽しい”という気持ちにだってなるかも。

結婚に興味がないのならそれで全く問題ないですが、“結婚をしたい”と感じているのであれば、行動パターンに変化も必要でしょう。男性との出会いの場に顔を出したり、ときには既婚女性と会ったりもして、自分の中の結婚への意欲を高めることも大切ですよ。

 

■「卑屈」になっていく

結婚をしたいのになかなか結婚ができなかったり、彼氏もできなかったりすると、だんだん卑屈な気持ちにもなっていくかも。でも、卑屈で後ろ向きな雰囲気が漂う女性に対して、好意を抱く男性はまずいないでしょう。

それではさらに結婚も遠のいていき、負のスパイラルに巻き込まれていくだけです。結婚も恋愛もタイミングが肝心なので、“今はまだそのときではないんだ”と気持ちを切り替えて、自らふさぎ込んだりはしないようにすると、自然と出会いのチャンスだって巡ってくるはずですよ。

 

■「素敵な人」が現れるのを待つ

“いつかは素敵な男性が現れてくれるはず”と、女性であれば誰しもが心の中で思っていることでしょう。そういった希望を持つのはとても大事なことですが、本当にただ待っているだけでは、日常になかなか変化は訪れないかも。

ずっと受け身でいるのではなく、自分からも動いた方が素敵な男性に出会える確率も格段に上がるはずです。少しずつでもいいので、“結婚”の方向へ歩み寄って行くか行かないかで、その差は大きく違ってくるものですよ。

 

結婚への気持ちが強いのであれば、少しでも結婚をできる確率が上がるような行動を取るようにした方がいいでしょう。そして、逆に結婚の妨げになるような行動は取らないようにすることも大切ですよ。

【画像】

※ Liderina/shutterstock

【関連記事】

山田 周平
ライター
放送作家職を経て、女性向けWEBサイトの企画・運営に携わる。現在はWEBコンテンツの企画やコラム執筆を行っている。著書に『男は耳で恋をする』『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』がある
Recommend
検索窓を閉じる