オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 見て見ぬふり…“痛々しい”社内恋愛カップルのエピソード

見て見ぬふり…“痛々しい”社内恋愛カップルのエピソード

周りが指摘しなくても、それとなく「あのふたり、付き合っているんじゃない?」と、勘繰ってしまう瞬間はあるもの。

付き合っているふたりは、バレないように装っていたとしても、周りから見ればなんとなくわかるものです。

今回は、なかでも周りが思わず見て見ぬふりをした、社内カップルの痛々しいエピソードをご紹介します。

 

■妙に不機嫌

「男性が女性社員と話していると、それに嫉妬して冷たく当たったりすることが。書類を渡すときも、男性に素っ気なくしたりして。そういうところから、なにかあるんじゃないかって、勘繰る社員は多いですよね。」(28歳/女性/サービス)

職場恋愛の難しさは、仕事とプライベートの割り切りです。職場は仕事をするところで、恋愛をするところではありません。そう頭ではわかっていても、好きな人が職場にいると、つい甘えたくなったり、嫉妬心が湧き上がってきたりするのでは?

でも、そこの切り替えができないと、仕事に支障をきたすだけでなく、周りに迷惑をかけてしまいます。職場恋愛をするときは、お互いにその辺りをしっかりと話し合いつつ、意識ができる関係でありたいものです。

 

■人目を盗んだつもりみたいだけど…

「休憩室で、カップルと噂されている男女が一緒になっていると、気を遣っちゃいますね。職場の休憩室は敷居だけなので、角度によっては事務所の机から丸見えで。あるとき、男性が女性に覆いかぶさるように、いちゃついているのを見ちゃったことが。」(28歳/女性/販売)

休憩時間は仕事ではないので、油断しているのでしょうか。でも、同じ仕事仲間が休憩室に入ってくることは、想像するのに容易いもの。やはり勤務時間内は、プライベートな関係を出すべきではないですね。

周りが気を遣ってしまうことは、すでにふたりの関係がバレている可能性が高いもの。プライベートではプライベート、仕事では仕事上の関係でありたいものです。

 

■ヒミツのLINE

「休憩室で噂のふたりがスマホをいじっていると、LINEしているのかなって勘繰っちゃう。私の考えすぎかもしれないけど。」(28歳/女性/IT)

LINEでひそかに連絡を取り合っているのでは?と勘繰る人も。うかつにスマホをいじらないことも、配慮が必要かもしれません。

鋭い人は鋭く、見ている人は意外と見ています。スマホチェックは更衣室やトイレで、と徹底しないと、職場恋愛の成立は難しいのかもしれません。

 

職場恋愛がアリの会社でも、痛々しいカップルと思われてしまっては、周りもやりづらく、自分たちもイヤですよね。職場恋愛を成功させるためにも、周りの目に配慮する意識を持ちたいものです。

【画像】

※  Andrey_Popov/shutterstock

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる