オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 酔っぱらった勢いで…年末年始に起きた恋のハプニング

酔っぱらった勢いで…年末年始に起きた恋のハプニング

年末年始、楽しく過ごせましたか?

年末年始は地元に帰省した人も多いのでは。実家でのんびりと過ごした人もいれば、地元の仲間と飲んだり、遊んだりした人もいるかもしれませんね。

というのも、地元に帰った年末年始をきっかけに、恋が始まることもあるようです。

そこで今回は、そんな年末年始に起きた恋のハプニングをご紹介します。

 

■酔っぱらった勢いで

「地元に帰省すると、決まって同級生と飲むんですが。その同級生から、プチ同窓会をしようって誘われて。飲んだ勢いで、同級生の男の子とキスしちゃっいました。お互いにあれは事故だったって言ってますが(苦笑)。」(28歳/女性/販売)

お酒の飲み過ぎで、行動が行き過ぎてしまうことってあるのでは? でも、お互いに独身同士で、付き合っている人がいないのなら、そこから恋が生まれたりすることもあるかもしれません。

お酒が好き同士なら、案外相性がいい可能性も。地元でまだ結婚していない人がいるなら、アプローチをかけてみるのも手ですよね。

 

■従兄の紹介

「実家に帰省して、親戚一同集まったとき。久しぶりに顔を合わせた従兄から、男友達を紹介してもらって、三人で一緒に遊んだんですが。その男友達から“付き合わない?”ってLINEで告白をされたときは、驚きました。」(28歳/女性/サービス)

出会いはどこに転がっているかわかりませんね。出会いで大事なのは、誘われたら断らず、まずは顔を出してみることです。デートの誘いしかり、飲み会の誘いしかり……。

誘われた場所に出会いが転がっていなくても、交流関係が広がって、いい出会いが得られるかもしれません。また、触発されて自分のなかで考えが変わったり、行動で変わることもあるのでは。

 

■ふと開いた婚活アプリで

「帰省したときに、婚活アプリを開いたら、会おうって話になった人がいて。その人と、いまは付き合っています。話したら、お互いに同じ場所で働いていて。それもすごい偶然なんですが。地元も同じなので、話が弾んじゃいました。」(28歳/女性/IT)

場所が変われば、登録されている相手も変わります。地元で気になる人がいないか、探してみるのもいいかもしれません。

同じ地元ということで話も合うでしょうし、なんとなく安心するのでは。同じ上京組とわかれば、境遇も似ていることで関係も図りやすそうです。

 

地元に帰ることで、得られる出会いもあると思います。近況報告も兼ねて、ぜひ同級生と会ったり、地元の友達と話す機会を持ってみては?

【画像】

※  Bogdan Sonjachnyj/shutterstock

【関連記事】

柚木深 つばさ
フリーランスライター
多数の女性向けWeb媒体を中心に記事を連載。読者目線を心掛けながら、男女にまつわる素朴な疑問を解決できるような記事作りをモットーにしている。
Recommend
検索窓を閉じる