オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > いつまでも彼にドキッとしてもらえる…色気の作り方

いつまでも彼にドキッとしてもらえる…色気の作り方

いつまでも彼にドキッとしてもらえるのが恋愛の理想ですが、付き合いが長くなればどうしてもマンネリになることもあります。

でも、彼女にドキッとする機会があれば、男性は何度でも彼女に恋をする生き物。

男性をドキッとさせるには可愛さも必要ですが、大人の男性をドキッとさせるには、“女の色気”が必要不可欠。

彼をドキッとさせられているか自信のない女性は、色気の作り方知りたくありませんか?

 

■身だしなみが色気を作る

色気を作るには、“身だしなみ”も大切です。

付き合いが長くなればファッションや化粧が雑になりがちですが、時にはファッションや化粧に力をいれて“輝いている姿”を見せないと、男性はドキッとしてくれませんよ。

素を見せられるのは信頼と愛の証。でもそれが、マンネリや飽きる原因になってしまうこともあります。

また、職場の飲み会や女子会の時だけ力を入れる女性。出かける前にステキな姿を見せているから大丈夫と思っていませんか?

その調子では彼は寂しい気持ちになるかもしれないので、たとえ同棲していても、記念日の時だけでもいいので、“彼のためだけに”ファッションや化粧に力を入れてみて下さい。

“あなたのために……”という気持ちがないと、男の心は離れていきますよ。

 

■女の顔を見せる

女性は誰でも色気を持っているので色気をあえて作りと言うよりも、元々持っている色気を見せれば彼はドキッとしてくれるはず。

色気に自信がない女性も、スイッチが入れば自然と“女の顔”になると思いますが、電気を消さないと女の顔にならない女性や、性格やキャラ的に女の顔を見せづらい女性は、お酒の力を借りてもいいので、昼間や電気が点いている時に女の顔を見せるようにしましょう。

スイッチが入った女性の虚ろな瞳や漏れ出る吐息は、男心にドキッとさせられるものがあります。

“性を表現”するのは恥ずかしいですが、彼への気持ちが自然と表に出るようになれば、あなたの色気も自然に出ると思いますよ。

 

彼女の何気ない仕草や表情に、男性は色気を感じることもあります。

ただそれも、付き合いが長くなれば色気を感じなくなるので、髪をかきあげても、足を組んでも、セクシーなポーズをしても彼の反応が鈍いと感じる時は、“男性が何度でも色気を感じる色気の作り方”を参考にしてみて下さい。

【画像】

※ Jacob Lund/shutterstock

【関連記事】

瀬戸 樹
ライター
人生の迷子中にひょんなことからライターに転身。最近では男性向けの恋愛記事も執筆している。豊富な恋愛経験から導き出される記事は、上っ面のコラムとは一線を画していると定評あり。
Recommend
検索窓を閉じる