オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 信頼に差がでる!コミュニケーション力4選【シンデレラマナー#34】

信頼に差がでる!コミュニケーション力4選【シンデレラマナー#34】

ビジネスシーンで欠かすことができないのが、コミュニケーションですね。どんな仕事でも他者との関わりなしには前に進まないものです。

コミュニケーションというと、意思疎通つまり言葉による伝達方法と捉えがちですが、表情や立ち居振る舞いも重要なコミュニケーションの一つになります。

前回は、初詣のマナーについてお伝えしました、今回は、マナー講師である筆者が信頼に差が出る! コミュニケーション力についてご紹介します。

 

■信頼に差がでる!コミュニケーション力4選

ビジネスマナーとは、社内社外問わず一緒に働く人への”思いやり”をあらわしたものでもあります。ビジネスマナーのベースとなる4つのポイントを押さえることであなたの信頼も高まります。

1:あいさつ

人間関係の基本中の基本があいさつです。あなたは、毎日自分からあいさつをしていますか?

仕事がデキる人は「あいさつ」が違うとよく言われます。その秘訣は、相手より先に自分から。面識のない人にも相手に聞こえる声でしっかりとあいさつをします。そのときに、きちんと相手の目を見ながら自然な笑顔であいさつをすることが大切です。

2:表情

表情が豊かな人は、自然と周りからも好かれるものです。ビジネスにおいても笑顔は、強力なコミュニケーションツールとなります。

デスクワークをしていると、無表情で口角が下がりがちです。普段から、優しいまなざしで「口角を少しでも上げる」ということを意識すると自然に口角が上がり美しい笑顔ができます。

3:立ち居振る舞い

全ての身のこなしの基本となるのが姿勢です。姿勢がいいとビジネスシーンでも「きちんとしている」「信頼できる」というイメージを与えることが出来ます。

逆に、姿勢が悪く猫背だと「自信がない」「だらしがない」というネガティブなイメージになります。動作は、心の表れでもありますので、心を整えて姿勢をしっかりと正すことが大切です。

4:言葉づかい

正しい言葉づかいは、社会人の基本です。社内、社外で使いわける敬語、ビジネスシーン特有の言いまわしやクッション言葉などをしっかりと使えればそれだけで信用度がアップします。

話し方は、丁寧に誠意をもってわかりやすく話す。さらに相手を思いやる言葉をかけられると人間関係がより深まります。

 

いがかでしたか?

一つ一つのポイントをしっかりと押さえて丁寧に人と接することでワンランクアップしたコミュニケーションができます。是非、実践してみてください!

【画像】

※  baranq/shutterstock

【関連記事】

桜美月
マナー講師・イメージアッププロデューサー。愛媛県松山市出身の元ミス松山。イメージコンサルタント、ビジネスマナーインストラクター資格取得後独立し、個人向け・企業向けに立ち居振る舞い・ビジネスマナー研修講師となる。研修を受けた人数は4900人。
Recommend
検索窓を閉じる