オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 「夜明け」共演で仲を深めたYOUNG DAISが告白「ちょっと柳楽優…

「夜明け」共演で仲を深めたYOUNG DAISが告白「ちょっと柳楽優弥ロス」

秘密を抱えて地方に逃げてきた青年「シンイチ」と、彼と木工所でともに働き交流を深める庄司らの姿を描いた映画『夜明け』に出演する柳楽優弥さん&YOUNG DAISさんのロングインタビュー後編をお送りします。

前編では、特にお互いの好きなところについて熱く語っていただきました。

引き続き、後編では、本編を御覧になっての感想や、2018年の振り返り&2019年の活動についてまで、たくさんお話していただきました!

Q:『夜明け』本編を御覧になって、いかがでしたか?

柳楽優弥(以下、柳楽):ひとつのテーマを見せられているというよりかは、すごくいろいろなテーマが散りばめられている作品だな、と感じました。どこをピックアップするかは、本当にお客さん次第だと思うんです。不器用ながらにしっかりと歩んでいく人の姿勢を描いている映画だと僕は思って、みんな……失敗とかもあるけど、しっかり歩もうとしている雰囲気や生命力みたいなところが好きでした。

YOUNG DAIS(以下、YOUNG):観終わったときの印象は、単純に言葉にならなかったです。初号試写で柳楽くんと一緒だったけど、なんか「柳楽優弥」に話しかけられなかった。家に持ち帰って、いろいろ解釈したいというのも僕はあったかもしれないですね。

自分の中で理解しようと、解釈しようとして、たどり着いたのは、人間の押し引きということでした。細かいところから大きい振れ幅のものまで、押したり引いたりしていることが、始まってから終わるまでずっと続いているんだな、と思いました。「やっぱり人間だなあ」と思えたりとかして。

完璧ではなく、愚かであっても美しかったり、愛おしかったりとか、傲慢なんだけど優しさに溢れていたりだとか、相反するものがあったような気がすごくしていて。その部分で自分が振れ幅に乗っかってみていくことによって、人間は立派なもんじゃなかったりするのかもしれないな、という印象を受けたし、それでいいんだな、と。尊厳みたいな部分にもたどり着いていた気がします。

Q:実際おふたりは演じられているわけですが、撮っているときと、本編を観たときとでは、また感じるフェーズが変わっていくような感じなんですか?

柳楽:今回は特に撮り方が長回しで一連で、という感じが多かったんです。意外と自分が意識していないところが編集で使われていたりとかもあるので、現場では完全に監督についていくしかない、という感じでした。僕たちがキャラクターについてわかりやすい考えみたいなものを持っていても、現場の空気ではあまり意味がないというか。

YOUNG:うん。

柳楽:ものづくり感にあふれた現場でした。だから本当に観てみないとわからない。……だけど、よかったです(笑)。

Q:ありがとうございました。最後に2019年が明けたばかりなので、どんな年にしたいかというお気持ち、また、2018年がどんな年だったかという振り返りも教えていただければと思います。

柳楽:2018年は映画が多かったんです。『夜明け』とか『銀魂2(掟は破るためにこそある)』とか、振り幅の多い役の中で活動することができたのは、本当にラッキーだったなと思います。2019年は主演作が続くので、しっかりと皆さんに観ていただけるような、面白い作品にできるように頑張ります!

YOUNG:(柳楽さんに)まじ楽しみにしてるね!

僕は2018年のはじめに『夜明け』の撮影があって、2018年の最後にこのインタビューを受けていて、2019年のはじめに公開になると。ほかの作品にも関わらせていただきましたけど、1年のサイクルの中で、こうやってこの機会にみんなと再会できたりするのも(うれしい)。長いこと、みんなと撮影に臨んでいた時間の有意義な気持ちが残っている分、ちょっと柳楽優弥ロスとか、小林薫ロスみたいなものもあったりとかするんですけど(笑)。

柳楽:(笑)。

YOUNG:こういう機会でまたお会いできたりとかすると、いいよね。みんなに観てもらって、映画を体験してもらえることが楽しみで仕方ないので、公開が待ち遠しいです。2019年はYOUNG DAISとしてのキャリアを邁進させていけるように、素晴らしい作品に出会って、素晴らしい自分を見てもらえるように頑張っていきたいと思います。

Q:YOUNGさんの場合、こうした作品を経たことがアーティスト活動の血肉になりますか?

YOUNG:そうですね、はい。柳楽くんとの『夜明け』撮影の後に、何となく気持ちがなぞられている曲を書いたりとかもしていますし。

柳楽:そうですよね!書いているんですよね、すごいんですよ。超クリエイターですよ……!

YOUNG:それをね、何かのタイミングで出せたりするといいなと。本当に感情なので、それを歌にするということでございますので。柳楽くん、ありがとう。(握手する)(取材、文:赤山恭子、写真:鈴木久美子)

【関連記事】

■柳楽優弥さん&YOUNG DAISさんサイン入りチェキをプレゼント!

NOSHでは柳楽優弥さん&YOUNG DAISさんのサイン入りチェキを抽選で1名様にプレゼントします♡

【応募方法】

1:NOSHの公式Twitterアカウント(@nosh_media)をフォローし、以下ツイートをRTしてください。

2:以下、応募フォームより必要事項を記入して送信してください。(NOSH運営会社(株)TBSテレビのサイトに移動します。)

※ 当選者の方に限り、NOSH編集部よりDMにてご連絡いたします。応募期間後もアカウントのフォローをお願いします。また、当選のご連絡後、2日間ご返信がなかった場合は無効となりますので、ご注意ください。

【応募期間】

2019年1月17日~2019年1月24日

【注意事項】

※ 鍵付きアカウントは応募状況の確認ができないため、無効といたします。

※ 本プレゼントキャンペーンにおいて、不適切な行為がされていると判断しましたアカウントは、対象外となります。

※ 本プレゼントキャンペーンの掲載内容や条件は、予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ インターネット通信料・接続料およびツイートに関しての全ての費用は読者様のご負担となります。

※ 応募時の内容に記載不備がある場合は、無効となります。

※ 抽選に関するお問い合わせは一切お答えいたしかねます。

赤山恭子
エンタメライター
エンタメ雑誌編集部、映画のディストリビューターを経て、現在は主に映画&テレビ関係のインタビューや取材を担当。基本おもしろ好きなので、いろいろなところに首を突っ込んでは、ワクワクした毎日を過ごす。
Recommend
検索窓を閉じる