オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 言ってはいけない!男性が本気でイラッとする彼女の暴言

言ってはいけない!男性が本気でイラッとする彼女の暴言

付き合って一緒にいることが多くなれば、イライラしたりケンカをしたりする時だってあるでしょう。

でも、いくら腹が立ったからといって、言ってはいけない言葉をぶつけてしまうと、大きな溝を生んだりしかねません。

そこで今回は、男性が本気でイラッとする“彼女の暴言”を紹介します。

 

■「もう私がやるからいいや」

彼氏に何か頼み事などをした時に、なかなかうまくできなかったり、思ったような働きをしてくれなかったら、イラッとしたりもするでしょう。でもそこで、「もう私がやるからいいや」とか「もういいや。どうせできないでしょ」なんて言うのは絶対にNG。

できないことを馬鹿にしたうえに、実行する権利まで奪い取ってしまったら、彼氏のメンツは丸潰れです。自分がやった方が早いと感じたとしても、一度お願いしたのであれば彼氏に任せるようにしないと、その後のふたりの関係性自体も悪くなってしまいますよ。

 

■「だからダメなんだよ」

彼氏がすごく腹が立つことをしたり、あなたが大きな被害を受けるようなあり得ない失敗をしたときには、あなたの怒りも相当大きくなるでしょう。だからこそ、「だからダメなんだよ」なんて、きつい言葉をぶつけてしまったりもするかも。

でも、そんな彼氏のことを全否定をするかのような言葉は、さすがに与えるダメージも大きすぎます。“前から俺のことをダメな奴だと思っていたんだ”とも感じるので、あなたとの間に溝のようなものも生まれてしまうはず。相手の人格を否定するようなことを言うと、信頼や絆も崩れ去っていくことになりますよ。

 

■「もうどうでもいいよ」

ケンカをしているときにはイライラも相当募ってくるので、彼氏の言うことがいちいちしゃくにさわったりもするでしょう。発言全てに腹が立つので、「もうどうでもいいよ」とか「はいはい、わかったわかった」なんて言葉であしらおうとすることもあるかもしれません。

ただ、それはさらに怒りやイライラを倍増させるひと言でもあるし、“ちゃんと話し合おうとしてくれない”と彼氏はガッカリもするはず。いくら腹が立ったからといって、投げやりになって向き合うことをやめようとしたりすると、本当に通じ合えないふたりになってしまいかねないですよ。

■「だったら終わりだね」

怒りが爆発したときに、つい極論を言ってしまうという女性は少なくないでしょう。でも、「だったら私たちは終わりだね」とか「もう別れた方がいいかもね」といった言葉は、怒りに任せて不用意に発するべきものではありません。

一時の冗談で言ったつもりでも、男性は“別れたいって気持ちがあるんだ”と、かなりショックを受けるもの。“別れ”や“終わり”を脅しのように使うのは卑怯なことでもあるので、本当にそういう気持ちがあるわけではないのなら口にするべきではないですよ。

 

イラッとして思わず発してしまった暴言が、相手を予想以上に深く傷つけてしまうこともあったりします。怒っているときには勢いで暴言を発したりもしやすいので、感情任せにはしないようにすることがとても大事ですよ。

【画像】

※  Malochka Mikalai/shutterstock

【関連記事】

山田 周平
ライター
放送作家職を経て、女性向けWEBサイトの企画・運営に携わる。現在はWEBコンテンツの企画やコラム執筆を行っている。著書に『男は耳で恋をする』『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』がある
Recommend
検索窓を閉じる