オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 成田凌、共演経験の多い門脇麦とは「ビンタをしあう関係」!?

成田凌、共演経験の多い門脇麦とは「ビンタをしあう関係」!?

成田凌さんが、19日、新宿バルト9で開催された映画『チワワちゃん』公開記念舞台挨拶に登壇。何度も共演している門脇麦さんとの関係性をユニークに例えて、劇場にいるお客さんを笑わせました。

岡崎京子さんが1994年に発表した同名漫画を実写化した本作。友人でありながら正体不明のチワワちゃん(吉田志織さん)の死をきっかけに揺れるミキ(門脇さん)や元カレのヨシダ(成田さん)ら若者の心の葛藤を描いています。

イベントには、成田さんや門脇さん、吉田さんらのほか、寛一郎さん、仲万美さん、古川琴音さん、篠原悠伸さん、上遠野太洸さん、松本穂香さん、二宮健監督が登壇しました。

監督とは年齢も近く、友人同士ということで、成田さんは「二宮健からどうしてもやりたい作品があると言われて数年が経ち、今日という日を迎えられて嬉しいです」とコメント。

しかし、みんなでワイワイ遊ぶシーンでは、ト書き(演出を説明したり、指示を出したりする文章のこと)1行のみで、1日半費やすことも。監督の思いつきで撮影が動くこともあることから「現場に行くまで何も知らない」「こっちは怖いですよ」などと冗談めかしてクレームを語り笑いを誘います。

ここで、作品の中で、ひょんなことから600万円を手にし、使い切るシーンがあることから、「現実で突然600万円を手にいれた場合どう使うのか?」との質問が飛びます。

成田さんは、二宮監督と「映画を撮る」と約束したことを明かし、制作費に費やすとコメント。成田さんが監督をするとのことで、その作品の中で、門脇さんにも出演を依頼します。

その理由について、2人はよく共演するものの、成田さん曰く“絶妙な距離感”なものが多いのだとか。姉弟や長年寄り添った夫婦など「温かい関係」の役を演じたいと語りました。

続けて、2人は共演した作中で「だいたいビンタをし合っている関係」と口を揃え「そういうのはナシで、ほっこりと映画を撮りたい」と熱望しました。

フォトセッション終了後は、セルフィ―を使ってキャストの皆さん、会場の皆さんと自撮りをする一幕もありました。

映画『チワワちゃん』は全国ロードショー中です!

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる