オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 瑛太、体調不良・橋爪功の欠席に疑惑の目

瑛太、体調不良・橋爪功の欠席に疑惑の目

演技派俳優の瑛太さんが、超ベテランに対してズル休み疑惑を投げかけました!

それは19日に都内で行われた、オリジナル時代劇『闇の歯車』の限定上映初日舞台挨拶でのこと。緒形直人さん、山下智彦監督も参加しました。

本来はベテラン俳優の橋爪功さんも登壇予定でしたが、体調不良を理由に欠席。すると瑛太さんは「どうしたんですか?体調不良って本当ですか?こういう時の体調不良って大体何がしかがあったということが多いですよね?」と悪戯っぽく疑惑の目。

司会から「舞台のお稽古がハードなようで」と弁解があると「え?俺も今舞台の稽古中なんですけど……」と追及の手を緩めず、緒形さんに「もういいよ、舞台挨拶が進まないから~」と制止されていました。

そんな中、疑惑の人・橋爪さんから「瑛太とは初共演だが、彼の演技はこちらの想像を超えてきて、こちらも気持ちよく乗らせてもらった。もう一度時代劇で共演したい。今日は瑛太が緊張しているかもしれないので、皆さんで瑛太を盛り立てて」などという瑛太さん愛のこもった手紙が代読されました。

体調不良に疑惑の目を向けていた瑛太さんは「本当にありがたい」とつぶやき感謝しきりかと思いきや、「でもやっぱり気になるのは体調不良です」と再び疑惑を蒸し返して会場を爆笑させていました。

橋爪さんと初共演の瑛太さんは「たくさん勉強をさせていただき、リラックスもさせてもらった」と襟を正し「日本映画において、アウトローな世界観を描く時代劇が少なくなってきた」と現状を憂いながら「日本の俳優として誇りを持って時代劇のできる俳優になって行きたい。だから英語を勉強してハリウッドに行こうという気持ちはありません!」と宣言していました。

一方、緒形さんは男気溢れる瑛太さんに「着流し、ズラ、目力がいい。肝が据わっていて、天賦の才を感じる。彼は時代劇がとても似合っていて、若かりし頃の高倉健さんのよう。若手として今後も時代劇を引っ張っていてもらいたい」とエールを送っていました。

【関連記事】

石井隼人
エンタメライター
イベント取材やインタビュー取材に汗水たらすと同時に、映画系オフィシャルライター&カメラマンとしても暗躍する単なる映画マニア。得意分野はホラーとエログロ。LiLiCoさんから「エロ石井」と命名される。
Recommend
検索窓を閉じる