オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 小関裕太、ナゾ発言で会場沸かす

小関裕太、ナゾ発言で会場沸かす

出典: NOSH(ナッシュ)

俳優の小関裕太さんが謎の発言で場を沸かしました!

それは21日に都内で行われた、映画『サムライマラソン』(2月22日公開)完成披露イベントでのこと。佐藤健さん、小松菜奈さん、森山未來さん、染谷将太さん、青木崇高さん、竹中直人さん、小関裕太さん、木幡竜さん、バーナード・ローズ監督も参加しました。

日本史上初めてのマラソン大会といわれる「安政遠足(あんせいとおあし)」を舞台にした作家・土橋章宏による小説『幕末まらそん侍』が原作。山形でのロケを振り返り小関さんは、木幡さんから「(小関さんから)飲みに連れて行ってほしいという誘いがあった。でも飲み会の最後に呼ばれてお金だけ払って帰るということもあった」と暴露されると「暇だったんです」とポツリ。

バーナード監督は早撮りであり、なおかつその瞬間のひらめきを重視する演出ゆえに「馬に乗って相手を切り殺しに行くというワンシーンワンカットの撮影が午前中にあっという間に終わってしまい、残りの時間は反省する事しかなくて、時間があるものだから反省しすぎた」と告白。森山さんから「だから木幡さんを食事に誘ったりしたんだね?」と心境を察してもらうと、小関さんは「一緒にお風呂に入ったりしながら」と謎の発言で爆笑をとっていました。

その早撮りスタイルは斬新すぎで、染谷さんは「撮影を待っていたら、バーナード監督から“君の出番は終わった。待っている時の君が良かった”と言われた。だからその日は何もせずに終わりました」と驚きのエピソード。青木さんも「テストなしで撮って行くスタイルなので、茂みに隠れるシーンでは誰もその茂みの奥に何があるのかをチェックしない。だから飛び込んで思い切り転んだ」と笑わせました。

【関連記事】

石井隼人
エンタメライター
イベント取材やインタビュー取材に汗水たらすと同時に、映画系オフィシャルライター&カメラマンとしても暗躍する単なる映画マニア。得意分野はホラーとエログロ。LiLiCoさんから「エロ石井」と命名される。
Recommend
検索窓を閉じる