オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 「彼氏依存症」になってしまっているサイン

「彼氏依存症」になってしまっているサイン

「ダメ男から離れられない」「追いかける恋愛ばかり……」そんな女性は、彼氏に依存しているのかもしれません。

依存する恋愛は、見方を変えれば2人だけの世界で愛を育めそうですが、依存から精神的に不安定になることや嫌われる原因になることも……。

依存しているほど自分ではわからないですが、こんなサインを出している女性は、“彼氏依存症”かもしれませんよ。

 

■四六時中彼氏のことで頭がいっぱい

恋をすると、誰だって四六時中恋人のことを考えてしまいますが、大抵は考えない時間もあるはず。

仕事の時や友達と楽しい時間を過ごしている時など、彼氏のことを考えない時間があれば正常だと思いますが、何をしてても彼氏のことを考えてしまい、仕事も手に付かなくなるような女性は、彼氏依存症かもしれませんよ。

付き合う前の淡い時期や付き合って間もない時期は、彼氏のことで頭がいっぱいになるのも仕方ありませんが、そういった衝動は恋愛期間が長くなるほどに落ち着いてくるもの。

それは愛が冷めた訳ではなく、“愛が育まれている証拠”だと思いますが、その精神的なプロセスが訪れず、いつ何時も“彼氏のことで頭がいっぱい”で“生活に支障をきたす”ようなら、依存している可能性大です。

 

■彼を困らせて愛を確認してしまう

“愛情の裏返し”で彼を困らせてしまう女性は、彼氏依存症になってしまっているサイン。

「急に寂しくなる」「虚無感に襲われる」「イライラする」など、大好きな気持ちが複雑で屈折している女性は、つい嫌なことを言ったり、冷たい態度を取ったり、酷い人になると「死んでやる」なんて言うそうですが、彼の優しさに甘えて愛情欲しさに彼を困らせていれば、客観的に物事を見ることができず、自分の気持ちを制御できていない証拠。

自分の気持ちすら見えていないかもしれませんが、彼氏に依存していなければそうなることもなく適度な距離を保てると思うので、彼を困らせがちな女性は気を付けた方がいいかも。

 

■彼氏とだけずっと一緒にいたいと思う

好きな人とずっと一緒にいたいと思うのは当たり前ですが、友人と疎遠になったり、趣味を辞めたり、彼氏以外のことに興味が湧かないのは、彼氏依存症のサインかも。

「彼氏以外の人と一緒にいる時間が楽しくない」「ムダだと思う」こう思うようならかなり重症ですが、彼氏としては嬉しく思ってくれるかもしれませんね。

ただ、人によっては「重い」と感じることもあります。

“生活が彼氏中心”になってしまうと、気付かないうちに依存することもあるので、彼氏と過ごさない時間も楽しんでみて下さい。

 

彼氏に依存しても問題はないと思いますが、男性の中には依存されるのが嫌いな人もいるので、彼氏依存症のサインが出ている女性は気を付けて下さいね。

【画像】

※  g-stockstudio/shutterstock

【関連記事】

瀬戸 樹
ライター
人生の迷子中にひょんなことからライターに転身。最近では男性向けの恋愛記事も執筆している。豊富な恋愛経験から導き出される記事は、上っ面のコラムとは一線を画していると定評あり。
Recommend
検索窓を閉じる