オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 嫌われちゃう!本当に「モテる女子」は言わないこと

嫌われちゃう!本当に「モテる女子」は言わないこと

モテる女性は、そもそも男性が嫌がるようなことをしないように常に心がけているものです。

ふとしたひと言などで男性を傷つけてしまったりしないように、ちゃんと注意も払っているでしょう。

そこで今回は、本当に“モテる女子”は言わないことを紹介します。

 

■「男って本当にバカだよね」

「男って本当にバカだよね」「最近の男ってロクなのがいない」「女心がわかってない男ばっかり」。ついつい口癖のように、こんなことをよく言ってしまう女性もいるでしょう。ただ、男性の前でこういったセリフを口にするのはさすがにNG!

女子会などで話を盛り上げるために言ったりするのならまだわかりますが、男性の耳に入るような言い方をすると、毛嫌いされてしまうのは当然のことです。特定の男性をけなしているわけではないとしても、男そのものを否定するような女性と付き合いたいと考える男性はまずいませんよ。

 

■「だって私モテるもん」

モテる女性というのは、もちろん魅力的な女性であるという証でもあります。とはいえ、「だって私モテるもん」などとモテ自慢をするような女性は、いくら可愛くても「なんだか鼻につく嫌な女」という印象を持たれてしまいやすいです。

冗談っぽく笑い話になるように言うのならいいですが、本気で自慢をするのはあまりプラスには働かない行為かも。モテるというよりも“軽い女”のようにも思われがちなので、無駄に他の男の影をチラつかせるようなことはしない方がいいでしょう。

 

■「イケメンじゃなきゃ無理」

「イケメン好き」という印象がある女性には、男性は一気に近づきにくくなります。たとえ気になっていたとはしても、自分に相当の自信がある男性じゃないと、「俺では無理だろうな」と尻込みしてしまう可能性も高いです。

また、男を顔だけで選んでいる感じもするので、結局はイメージ自体が悪くなっていってもしまうもの。イケメンが好きなのは悪いことではないですが、それを堂々と宣言しすぎると、どんどんと自分で自分のハードルを上げることにもなりますからね。

 

■「もっと○○しなよ」

やはり男性は、女性からは尊敬をされたり頼りにされたいという気持ちが強いもの。だからこそ、女性から上から目線でダメ出しをされたり命令をされたりするとかなりヘコみますし、イラッとして怒りを覚えたりもするでしょう。

男性のためを思って言うとしても、その言い方はとても重要なポイント。「もっとこうしなよ」と責めるように言うのではなく、「こういう感じはどう?」と一緒に考えるかのように言うといいかも。真っ向から否定をされると、どうしてもそこに反感が生まれるので、なかなか好意は持ってもらえなくなってしまいますよ。

 

軽い気持ちで放ったひと言によって、男性に悪いイメージを持たれてしまうこともあったりします。それは恋愛を遠ざける原因にもなりかねないので、普段からちゃんと意識はしておいた方がいいですよ。

【画像】

※  Dmytro Voinalovych/shutterstock

【関連記事】

山田 周平
ライター
放送作家職を経て、女性向けWEBサイトの企画・運営に携わる。現在はWEBコンテンツの企画やコラム執筆を行っている。著書に『男は耳で恋をする』『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』がある
Recommend
検索窓を閉じる