オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 登坂広臣、意外な“画伯”っぷりを披露で中条あやみが一言「登坂さんの絵…

登坂広臣、意外な“画伯”っぷりを披露で中条あやみが一言「登坂さんの絵、ひどいなあ」

1月24日(木)、映画『雪の華』ジャパンプレミアが東京ドームシティホールにて行われ、W主演の登坂広臣(三代目 J SOUL BROTHERS)さんと中条あやみさんが揃って登場しました。

『雪の華』は、東京とフィンランドを舞台に、初雪の日に出会ったふたりのラブストーリーです。

幼い頃から病気がちで、余命1年を宣告された美雪(中条さん)の夢はフィンランドでオーロラを見ることと、最初で最後の恋をすること。

ひったくりから助けてくれた悠輔(登坂さん)が気になった美雪は、「100万円で1カ月恋人になってください」と持ちかけ、ふたりは“期間限定”の恋人になるのですが……。

夏と冬の両方、フィンランドでロケを敢行したという登坂さんは、「今行っても、懐かしく思えるくらい思い入れのある地になりました」と語りながらも、「どんな場所になった?」という問いには、「寒いところでした(笑)。本当に監督にひたすらむちゃぶりされて、体に鞭打って頑張ったところ(笑)」と振り返ります。

同じ質問をされた中条さんは、「初めての場所だったんです。スタッフの方にもフィンランド人の方がいて、朝、現場に入るとおはようの代わりに“モイモイ”って言ったり」とフィンランド語を話した中条さん。

すると、登坂さんも「モイモイって言ってました!モイモイ、超言ってたよね!? おはようだけじゃなくて会ったときの挨拶でも“モーイ”って言ったり……」と必死に説明しますが、ざわつく場内を察し「本当だよ(笑)?」と念押しをしていました。

また、撮影中の思い出をイラストで発表するシーンもあり、一斉に登壇陣の絵がモニターに映し出されました。

それぞれ個性大爆発の絵がならぶなか、客席からは悲鳴に似たざわつきが……。思わず中条さんが「登坂さんの絵、ひどいなあ(笑)」と一言!

とっさに登坂さんは「ちょっと待て!まあまあ上手いと思うよ!どう見てもサンタでしょ!? 下のふたりは俺とあやみちゃんです」と説明をすると、何となく納得のムードが流れたものの、思わぬ“画伯”っぷりを披露した登坂さんなのでした。

『雪の華』は2月1日(金)より全国ロードショーです! NOSHでは登坂さん&中条さんにインタビューも行いましたので、掲載をお楽しみに♡

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる