オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 年齢を気にしすぎない!長続きする「年の差カップル」の特徴

年齢を気にしすぎない!長続きする「年の差カップル」の特徴

年の差が離れているカップルは、付き合っていくのも難しそうな印象を持ってしまうかもしれません。

でも、年の差にとらわれすぎずに付き合うことができれば、長続きするような恋愛もできるはずです。

そこで今回は、長続きする“年の差カップル”の特徴を紹介します。

 

■「年の差による違い」を楽しむ

年の差が離れていると、育ってきた環境や見てきたもの、経験してきたことなども大きく違っていたりするもの。であれば、その“違い”をお互いに楽しむようにすると、付き合っていくこと自体が刺激的にもなっていくはずです。

例えば、お互いのオススメ映画や音楽、趣味や行ってみたい場所だって、全く異なっている可能性が大。でも、年の差がある人と付き合っていなかったらそれらは経験できなかったことかもしれないので、積極的に相手の好みも受け入れてみるようにして世界観を広げていけると、素敵なカップルにもなれるでしょう。

 

■お互いに「馬鹿にはしない」

「本当におじさんだよね」とか「お子様にはわからないかな」なんて、年の差があるとつい言ってしまいがち。それが冗談っぽく、ふたりの間でボケとツッコミのような感覚で言い合えるのであればいいのですが、本当に馬鹿にするかのように言うのはNG!

結局そういった年齢を馬鹿にするような発言が積み重なると、年の差の溝を自らどんどん大きくしていくことになってしまうだけです。また、あなたは冗談のつもりで言っていても、彼氏はそう感じていないケースもあるので、そこの思いやりは絶対に忘れてはいけませんよ。

 

■無理に「理解」しようとしない

年の差があると、必要以上にお互いに理解をし合おうと考えてしまいがち。でも、無理に理解をしようとすることは、逆に年齢を気にしすぎていることにもつながるので、“年の差の壁”を大きく感じることにもなりかねません。

そもそも男性と女性という時点で理解できにくい部分はたくさんあるものなので、ある程度は開き直ることも大事。少しずつわかり合えるようになることで、愛情がより深まっていく効果だってあるので、いきなり全てをわかっている必要なんてないですよ。

 

■「ふたりで楽しめること」を作る

「ふたりで一緒に楽しめる共通の趣味などを持つ」というのは、長続きするカップルになるための大きな要素でもあります。特に、年の差カップルであれば、感性や好みが大きく違っている可能性も高いので、共通点を持つことは大事な絆にもなるかも。

どちらかの趣味に合わせるのもいいですが、いっそのことふたりで新しいことを一緒に始めてみるのもアリでしょう。協力して計画を立てたり、コミュニケーションを取る回数も自然と増えるでしょうから、年齢差も気にならなくなっていくはずですよ。

 

そもそも男性と女性は色々な部分が違って当たり前なので、お互いに尊重し合うことがとても大事。それは年の差カップルであっても同じことなので、わかり合えないことを責めるのではなく、思いやりを持ち合うように考えることが重要でしょう。

【画像】

※  Breslavtsev Oleg/shutterstock

【関連記事】

山田 周平
ライター
放送作家職を経て、女性向けWEBサイトの企画・運営に携わる。現在はWEBコンテンツの企画やコラム執筆を行っている。著書に『男は耳で恋をする』『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』がある
Recommend
検索窓を閉じる