オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 付き合ってるのに…彼女がいても「寂しさ」を感じてしまう瞬間

付き合ってるのに…彼女がいても「寂しさ」を感じてしまう瞬間

付き合っているのに、なんだか幸せな気持ちになれずに、“寂しさ”を感じてしまうようなこともあります。

ただ、それはものすごく切ない状態でもあるので、付き合っていることに虚しさや無意味さを抱くようになる危険性も秘めているでしょう。

そこで今回は、彼女がいても“寂しさ”を感じてしまう瞬間を紹介します。

 

■ずっと「スマホ」を見ている

デート中、会話中、食事中など、ふたりの時間を楽しんでいるときに、彼女がスマホばかりを見ていたら、「俺と一緒にいても楽しくないのかな」と男性は思うはず。それこそまさに、彼女がいるにも関わらず寂しさや虚しさを感じる瞬間だと言えるでしょう。

ニュースをチェックしたり、SNSを投稿したり、LINEで友人と会話をしたり……。ちょっとした隙にスマホでできることは色々とあるでしょうが、彼氏といるときには彼氏との時間に集中することが最も大事。それを肝に銘じておかないと、ふたりの関係性は冷えきっていく一方ですよ。

 

■「ドタキャン」が増えた

デートの約束をドタキャンされることが増えてくると、どうしても自分が後回しにされているような感覚になるもの。それは「俺とは会いたくないのかな」という不安や、「他の男と会っているのかな」なんて疑いを生む危険性だって秘めています。

仕事が忙しいときなどには、彼氏とのデートの約束をドタキャンをしてしまうこともあるでしょうが、ちゃんとその理由は詳しく説明してあげた方がいいです。そして、「来週に変更してくれない?」と埋め合わせも一緒に提案するようにすれば、彼氏も変な疑いを抱くことはなくなるはずですよ。

 

■思いが「一方通行」である

どちらかの思いが一方通行のような状態になっているときは、その思いと同じくらい大きな寂しさも感じるものです。「俺はこんなに好きなのに」と思わずにはいられないので、反動もその分強くなってしまうのでしょう。

そういった状態になる最も大きな原因が、“愛情表現”があまり見られないこと。男性は鈍感な人が多いので、わかりやすく気持ちを伝えてあげないと、不安を覚えることになる可能性も高いです。せめて彼氏が愛情表現をしてくれているときには、それに応えるような反応をしてあげないと、「もう俺のことは好きじゃないのかな」と思われてしまいますよ。

 

■「エッチの回数」が減った

男性が、付き合っているのに“寂しさ”を感じる一番の瞬間は、やはりエッチの回数が減ってきたとき。わかりやすく愛情が冷めてきたような感覚になるし、男と女ではなくなってしまったかのような悲しさも感じるものです。

エッチをしたくない気分のときや、忙しくてそれどころじゃないようなときだってあるでしょう。そういった際には、ちゃんと話し合うようにすれば男性もわかってくれるはず。「やめてよ」とか「エッチなんかしたくない」などと冷たく突き放すように断るのは、間違いなくふたりの関係を壊す原因になるので絶対にやってはいけませんよ。

 

「一緒にいるのに寂しくなる」というのは、実はかなり危険な状態であるとも言えます。「これなら一緒にいない方がいいかも」という思いにだってつながりやすいので、寂しさを感じさせるような行動は取らないように気をつけてくださいね。

【画像】

※  nd3000/shutterstock

【関連記事】

山田 周平
ライター
放送作家職を経て、女性向けWEBサイトの企画・運営に携わる。現在はWEBコンテンツの企画やコラム執筆を行っている。著書に『男は耳で恋をする』『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』がある
Recommend
検索窓を閉じる