オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 山田孝之、自信を持って俳優だと言っていこうと思った日

山田孝之、自信を持って俳優だと言っていこうと思った日

俳優の山田孝之さんが、全面初プロデュース作で「俳優って素晴らしい!」と感慨です。

それは26日に都内で行われた、山田さん初の全面プロデュース映画『デイアンドナイト』の公開初日舞台挨拶でのこと。企画・主演の阿部進之介さん、共演の安藤政信さん、清原果耶さん、藤井道人監督も参加しました。

「人間の善と悪」をテーマにした完全オリジナル作品。家族のいのちが奪われ、自らの善悪に翻弄される人々の葛藤を描きます。プロデューサーとして初めて映画を制作した山田さん。ロケ地交渉、脚本開発、キャスティングなど映画制作実務に深く関わり「脚本の開発に時間を割いたし、脚本会議が終わって外に出たらもう朝だったということも思い出深い。秋田県に行って市長に会って話をしたり。でも撮影が始まるとあっという間に今日まで来たという感覚」と感慨無量。

山田さんがプロデューサーを務めたことについて阿部さんは「役者がどうやったら役に集中できるかに重きを置いた配慮があって、それは役者の気持ちが理解できていないとできないこと。“自分だったら”ということを全部やってくれて、集中しやすい現場だった」と同業者ならではの気配りを明かし「役に入り込むことを知っている人間がプロデューサーとして現場にいてくれるだけで、それが心のよりどころになった」と感謝。

安藤さんも「現場にはほぼ毎日いてくれて、僕らの芝居も見ていてくれた。孝之は芝居のうまい人なので、見られるとプレッシャーもかかるけれど、それが力になって“もっとやってやるぞ!モニターで見ていてくれ!”というテンションになった」と大感謝。

それに当の山田さんは「間近で俳優さんたちの本気の芝居を見て、とても感動しまして、俳優って素晴らしいな、カッコいいな、これからは自分ももっと自信を持って俳優だと言っていこうと思った」と照れ隠し。阿部さんは「本音かどうかわからない感じになったね」と山田さんの心境を察しつつ「僕の芝居が終わった帰り道に、“プロデューサーとして役者って素晴らしいと思った”と言ってくれて嬉しかった」と山田さんの熱い素顔を暴露していました。

【関連記事】

石井隼人
エンタメライター
イベント取材やインタビュー取材に汗水たらすと同時に、映画系オフィシャルライター&カメラマンとしても暗躍する単なる映画マニア。得意分野はホラーとエログロ。LiLiCoさんから「エロ石井」と命名される。
Recommend
検索窓を閉じる