オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 二階堂ふみ&GACKT、個性豊かなキャスト勢に思わず本音「自分が一番…

二階堂ふみ&GACKT、個性豊かなキャスト勢に思わず本音「自分が一番まともだな」

1月28日(月)、映画『翔んで埼玉』ジャパンプレミアinTOKYOが東京ドームシティホールにて行われ、W主演の二階堂ふみさん、GACKTさんが舞台挨拶に登壇しました。

『翔んで埼玉』は、魔夜峰央さんによる累計発行部数62万部を突破した原作『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』を、実写映画化しました。

東京都知事の子供であり、東京屈指の名門校の生徒会長である壇ノ浦百美(二階堂さん)と、アメリカ帰りの帰国子女・麻実麗(GACKTさん)は、実は通行手形の撤廃を求める埼玉解放戦線のメンバー。

埼玉県人を庇い立てする麗を怪訝に思っていた百美ですが、なぜか麗に心惹かれていき、次第に東京と埼玉、そして千葉までも巻き込んだ抗争に巻き込まれていきます。

かなり独特なキャラクターを演じることになった二階堂さん&GACKTさん。

特にGACKTさんは、まさかの高校生役となりましたが、「最初は高校生という話を聞いて即答で断ったんですよ」と打ち明け、「“ただ、高校生といっても、特殊な高校生でして……”どんな高校生だよ(笑)、となって、そこからですね」と世界観を受け入れて出演した経緯を明かしていました。

この日は、出演する伊勢谷友介さん、ブラザートムさん、加藤諒さん、中尾彬さん、京本政樹さんと、かなり個性強めのキャスト勢も集結し、和気あいあい。

撮影現場の様子を聞かれた二階堂さんは、「個性豊かな方々が集結していて、違う星をお持ちの方が代表して地球に集まってブワーッとやって、一斉に帰っていった現場だった体感です。現場中は、“自分が一番まともだな”と思いながらやっていました(笑)」と思わず本音をポロリ。

すると、GACKTさんは「……と、僕もずっとそう思っていたんですけどね、僕自身が一番まともだなって(笑)」と言い合い、ほかの皆さんも「自分がまともだ」と手を挙げる仲の良さでした。

『翔んで埼玉』は2月22日(金)より全国ロードショーです!

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる