オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 中川大志、ドラムプレイを披露「“ギャップ萌え”を目指しました」

中川大志、ドラムプレイを披露「“ギャップ萌え”を目指しました」

中川大志さんが、29日、都内で開催された『au×music 2019』発表会に登壇。ドラムプレイを披露してくれました。

今回、auがApple Musicとのパートナーシップを発表。国内初Apple Musicを6か月間無料で体験できるというもので、30日より受付が開始されます(4G LTEスマートフォンを購入した人に限る)。イベントには、同社のコマーシャル“意識高すぎ!高杉くんシリーズ”でおなじみの中川さんが細杉(こますぎ)くんに扮し、松本穂香さんと共に登場。

また、新CMでコラボした人気バンド・ヤバイTシャツ屋さん(こやまたくやさん、しばたありぼぼさん、もりもりもとさん)も出席しました。

冒頭の挨拶で、髪の毛がサラサラであることをMCより指摘された中川さんは、細杉くんになりきり「今日イベントだということで、しっかりトリートメントしてきました」とユニークに返答。会場を笑わせます。

先日『第42回日本アカデミー賞・新人俳優賞』を受賞された中川さんですが、“高杉くんシリーズ”について声をかけられることが多く「今までどんなお仕事をした時よりも好評をいただきまして、自分にとって代表作だと思っています」とコメントしました。

今回の新CMでは、激しいドラムプレイを披露している細杉くん。中川さんは「このCMをきっかけに、細杉に落ちる女性が多いと思います」と言い「“ギャップ萌え”を目指しました」と明かしました。

また、中川さんがイベント中にドラムプレイを披露する一幕も。“ムチャぶり”に恐縮しつつも「CMでは半分くらいCGでやっていますので、ウソがばれてしまう」と冗談を言い、会場を和ませます。

そんな心配をよそに、中川さんは華麗なスティックさばきを見せてくれます。

ヤバTのドラム・もりもとさんも中川さんのプレイに脱帽!

アドバイスとして、ドラムには「顔芸も必要」と言い、中川さんは2回目の挑戦。髪を振り乱しながら、最後にビシッと決めてくれました!

中川さんらが出演する新コマーシャルは、1月29日より放送スタートしています。ぜひご覧ください!

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる