オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 高橋一生、イメージとは裏腹!? 「ウソをついてばかり…」と発言

高橋一生、イメージとは裏腹!? 「ウソをついてばかり…」と発言

高橋一生さんが、30日、乃木神社で開催された映画『九月の恋と出会うまで』完成披露イベントに登壇。映画のことやパーソナルなことを語りました。

書店員が選んだもう一度読みたい恋愛小説No.1に選ばれた松尾由美さんによる同名小説を実写化した本作。今回、勝負と縁結びの神様が祀られている乃木神社にて、本作を観た人たちの良縁が叶うことを祈願するイベントが開催。高橋さんと川口春奈さんが出席しました。

今回、初共演のおふたり。高橋さんは川口さんのことを「チャーミングな方」と印象を語ります。「多くは言えませんが、コミカル」と言い、撮影が進むにつれ、川口さんのイメージが良い意味で崩れていったそうです。

一方で、川口さんは高橋さんを「とにかく優しいし、印象通りでした」と言い「優しいお兄さんでいつも相手してもらっています」とコメントしました。

作品内容にちなんで、これまで「人のためについたウソ」はどんなものがあるのか質問が投げかけられます。高橋さんは「ウソをついてばっかりだと思いますよ」と言い、川口さんらを驚かせます。

その真意については「日常的なことです。“嫌だな”って思うことも“嫌だ”って言わないウソは大事なことでもあるなと思います」といわゆる“大人のウソ”をついていることを明かしました。

また、役の中でお互いが想いあうことから「一途に想ってきたこと」について問われると高橋さんは「お芝居との向き合い方みたいなものは一途にというよりも、10年前から何も変わっていないです」と笑顔。役者業について真摯に取り組んでいると述べました。

2人で巨大絵馬へ願いを書く一幕も。

高橋さんは「出会った人たちが一人でも多く笑っていられますように」と記入。一言でいえば「笑」だそうです。川口さんは「縁」とのこと。女優業をしていると、様々なタイミングでたくさんの人に出会うため、自分がどう影響を受けてどう動くかが大切であるのかを力説していました。

高橋さんと川口さんがW主演を務める映画『九月の恋と出会うまで』は、3月1日(金)に全国公開予定です。お楽しみに!

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる