オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 岡田将生、フォローする大泉洋に「僕のターンなので喋らないで」

岡田将生、フォローする大泉洋に「僕のターンなので喋らないで」

岡田将生さんが、2日、渋谷シネクイントにて開催された映画『そらのレストラン』公開記念舞台挨拶に登壇。共演した大泉洋さんと仲睦まじいトークを展開しました。

本作は、東京から北海道せたな町にやって来た新米牧羊家・神戸(岡田さん)が、主人公・亘理(大泉さん)をはじめとする仲間たちの影響で成長し、お互い支え合う関係性を築き上げる物語。イベントには、岡田さんや大泉さんのほか、本上まなみさん、深川栄洋監督も出席しました。

MCより“北海道の大スター”と紹介された大泉さん。「もうそろそろ“北海道の大スター”って呼んでもらうのやめてもらっていいですか?世の中見ていても“大スター”って呼ばれて出ていく人あまりいない」とツッコミを入れます。

そんな挨拶に岡田さんは「北海道の大スターの隣にいると、自分も輝きたいなって思います」と早速大泉さんをイジる場面も。

大泉さんが気を利かして「大丈夫ですよ。岡田くんも輝いていますよ」とフォローしたのですが、岡田さんは冷静に「僕のターンなので喋らないでください」と遮り、会場から笑いを誘いました。

岡田さんが「スターは黙っていても輝いているんで大丈夫です」と言いますが、大泉さんは「あんまりスターに“黙っていて”って言わないから。扱いがおかしい!」と注意。

続けて岡田さんの衣装について「すごい高い偽物の絵画を売っている詐欺師みたい」と揶揄しますが「次、そういう役くるかな?」と本人は気にしていない様子をみせました。

こうした2人のじゃれ合いは止まらず、映画について誰が一番最初にコメントをするのか言い合いを演じる一幕も。MCは岡田さんを指名したのですが、普通は主役からと拒否。大泉さんから「どうぞ!」と促されるも「嫌です!」とハッキリ断ると会場は爆笑の渦に。間をとって本上さんが挨拶をするハメになりました。

イベントでは、大泉さんの7歳になる娘さんから映画の感想についての手紙が読まれます。「“最近良いことが起きない”って言っていたけど、私がいるから大丈夫だよ」や「漢字テストパパのおかげで合格したよ」など、枕詞に映画と関係のないコメントがあり、最後に「大人になったらパパみたいな上手に泣ける女優さんになりたいな」とまとめていました。

これには大泉さんが、舞台上をのたうち回って大笑いし「天才じゃないですか!」と驚いていました。

ほか、翌日が節分ということもあり、豆まきも行われました!

岡田さんが出演する映画『そらのレストラン』は全国ロードショー中です!

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる