オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 劇場版「リケ恋」主演・西銘駿インタビュー「恋は直感でいきます」

劇場版「リケ恋」主演・西銘駿インタビュー「恋は直感でいきます」

深夜ドラマで放送されていた『リケ恋~理系が恋に落ちたので証明してみた。~』(以下『リケ恋』)が、劇場版としてスクリーンに登場。(絶賛公開中)

NOSHでは本作の主人公で飛び抜けた理系バカ・雪村心夜を演じる西銘駿さんに初インタビューしてきました! 劇中では雪村に想いを寄せる氷室菖蒲(浅川梨奈)ら、同じ研究室のメンバーを巻き込んで、恋の定義に関する証明実験を試みます。

今回、西銘さんは役衣装である白衣&メガネ姿で登場。仲のいい男性スタッフさんからは「エロ医者みたいだね」とイジられる場面も(笑)!

Q:雪村は理論的に「好き」であることを証明するため、恋の定義に関する様々な実験を行っていきますが、男性目線で見てそういう行動は理解できますか?

西銘駿(以下、西銘):いえ、全然理解できないです(笑)。現実には雪村みたいな男ってたぶんいないじゃないですか。おもしろい奴だし人として雪村のことは大好きだけど、相手のことが好きなのにそれを素直に認めないで遠回りしている様子を見ていると、同じ男としてモヤモヤしてきちゃいますね。僕は相手のことが気になったらすぐに好きって言っちゃうタイプなので余計にかもしれませんが。

Q:西銘さんご自身は、恋をしたら自分の気持ちに素直に従いますか?

西銘:そうですね。自分の気持ちと素直に向き合いますし、恋は直感タイプです。でも、雪村ほどでないにしても、「この人のこういうところが本当素敵だな」とか相手の好きなところをつい考えちゃいますね。けど、それは決して「○○ができるからこの人が好き!」というのではなくて、気づいたらその人のことを好きになっていて、相手に想いを巡らせているって感じです。

Q:西銘さんの理想の女性のタイプは?

西銘:僕、好きになる女性のタイプが毎回違うんですよね……。けど、大前提としてのタイプは、おしとやかで見ていて癒される人。あと、僕はふざけるのが大好きなので、ノリがよくて何でも笑ってくれるような女性だと嬉しいですね。ちなみに僕と付き合ったら、人生で1番幸せな恋愛だと思ってもらえるぐらい、相手を全力で楽しませますよ!

Q:西銘さんと付き合う女性が羨ましい(笑)!ちなみに西銘さんの彼女になったらどんな特典がありますか?

西銘:僕は相手を楽しませてあげるためなら何でもしたいです。仕事が終わってからでも会いに行くのなんて全然苦じゃないですし、睡眠時間を削ってでも相手に会いたい。できる限りその人にとって居心地のいい人間になれるように努力します。だから、好きな人ができたらどんな人がタイプなのかリサーチしますし、彼女の理想の男性像に近づけるように自分も変わっていくと思います。特典……と言えるかはわからないけど、絶対に無理はさせないし嫌な気持ちにもさせません。

Q:劇中では雪村の恋のライバルの神凪(桜田通さん)も登場しますが、もし現実でも恋のライバルが現れたとしたら?

西銘:そのライバルができないことをやります。けど、無理に相手を奪うことはしません。日頃から相手の相談に乗ったり、優しくしてあげたり、そういう軽いジャブ(笑)は打つけど、最終的にはちゃんとその人が考えたうえで選んでもらいたいので。気持ち的にはガンガン向かっているんだけど、実際の行動に移してガンガンいくことはないです。好きだけど、そこはやっぱり相手の幸せを願いたいので。(取材、文:近藤加奈子、写真:You ishii、ヘア&メイク:高橋亮、スタリスト:椎名倉平)

後編のインタビューでは、学生時代の切ない恋愛話をポロリ。西銘さんからの恋のメッセージもお見逃しなく!

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる